PIONEER A-717 ~1987年発売~

今回は、随分前ですが、解体屋くん(旧借猫くん)に「AU-α707i」を渡した代わりに送ってくれたアンプを紹介します(・∀・)
Pioneer A-717 1
PIONEER A-717 1987年発売 定価79800円 バブル景気真っ只中のアンプです。
「ミューティングスイッチ折れてるけどいい?」とのことでしたが僕はミューティング使うことがほとんどないおバカさんなんで全然かまいませんww
TAPE2にガリがありましたが使っていくうちに症状は良くなっていってます。
それにしてもすごい物量です。TA-F333ESRにしてもそうですが79800円モデルの物量すごいです。今のアンプの値段設定はよくわからないですが、電器屋さん行ってもこういう重たいアンプを見ることはないですねえ・・・時代なんでしょうけども。もう一つ上のA-838とかTA-F555ESRとかどうなるんでしょうねえ。物欲が・・・
音質は、低音出ます。迫力ありますね。TA-F333ESRよりも低音は強いです。シャリ感は333ESRのほうが強めですが、総合的バランスならTA-F333ESR 低音重視の迫力サウンドならA-717 というのが僕の感想です。(TA-F333ESRの低音が弱いわけではないです)まあ僕のへっぽこ耳なんで当てになりません。
今はA-717使ってます。ダンスミュージック主体の僕はどっちにも合いますが今はズンズン言わせてます。
この度はこのような素晴らしいアンプを送っていただき、解体屋くんには大変感謝しております。
追記にいきます
Pioneer A-717 2
溢れ出る高級感。
Pioneer A-717 3
ボタン類。ロータリーつまみは全てアルミの無垢材が使われてるそうです。
Pioneer A-717 4

Pioneer A-717 7
端子類。CDとPHONOは金メッキ端子でした。
Pioneer A-717 8
スピーカー端子、ACアウトレット。
Pioneer A-717 5
中身。すごいです。説明書を見ると・・・ハニカムフレームシャーシというのを採用したそうな。シャーシ、ヒートシンク、インシュレーター、ボトムプレートの放熱吸気孔まで4種類の形状のハニカムを採用したそうな。しかし個人的には2個の黒いBOXみたいなのがインパクト大ですね。キャステッドパワートランスというそうです。で、でかい・・・
Pioneer A-717 6
キャステッドパワートランスの近くにある2つのコンデンサーの1つ。"SHIELDED CAPACITOR"
Pioneer A-717 9
取扱説明書のコピーもくれました。さらに・・・
Pioneer A-717 10
スピーカーケーブルもおまけでくれました。
Pioneer A-717 11
手書きの説明までつけてくれました。
おまけで、解体屋くん(旧借猫くん)が動作確認時に撮った写真載せます。写真撮り普通に僕なんかよかうまいんでこっちみるだけでいいかもです。
A-717 02

A-717 06

A-717 01

A-717 03

A-717 04

A-717 05

2回目ですが本当にありがたいですね。僕みたいなゴミクズにおまけまでつけてくれてほんとうにありがとうございます。大切に使っていきますm( __ __ )m ちゅうわけで近々大阪行ってきます(笑)
スポンサーサイト
category
アンプ
genre
趣味・実用
theme
デジタル家電・AV機器

Comment

Trackback

http://pk846928.blog.fc2.com/tb.php/94-258be632