Panasonic SL-PG440~1992年発売~ 修理を試みるも・・・

前回ちょろっと書きましたが、修理中とかなんとか偉そうに書いてましたがそれはこの機種です↓
SL-PG440 11
Panasonic SL-PG440、1992年発売のCDプレーヤーです。定価29800円。重量3.4kgと軽いです。
「トレー開きません」で525円で入手。「今度こそはベルトの劣化だろう、いやそうであってくれ」(というのは1度もベルト劣化CDPに遭遇したことないから)と思い入手。まずは恒例(?)の端子など全体図。
SL-PG440 10
ディスプレー部。
SL-PG440 14
トレー部。「MASH」の文字が誇らしげです。
SL-PG440 12
ボタン類
SL-PG440 13
端子類。デジタル出力がついてる以外は割とシンプル。
追記で修理奮闘記・・・
後日、修理を試みました。まずは中身。
SL-PG440 6
けっこうスッカスカ・・・
それで、ベルトの劣化であることを祈りつつベルトを探しましたがなかなか見つからず。しかしいじくってるうちにベルト以前にグリースなのか、妙な緑色の液体があちらこちらについてるのが分かりました。時同じくしてベルト発見。まずはそこらへんから。
SL-PG440 5

SL-PG440 7

SL-PG440 4
わかりますかねえ・・・?まあこういう感じで触ったらやはりベトベトしたので、無水エタノールを水で薄めて、各パーツ外して洗浄していきました。もちろん、ベルトも発見しました。
SL-PG440 3
ほこりかぶってて汚いですがベルト見えますかね。まあそこらへんも出来る範囲で洗浄しました。
で、肝心のベルトはと言うと・・・
余裕で動いてましたΣ(゚д゚lll)
となるとグリースの固着かモーターの不具合か・・・
その時の僕はモーターのことまで頭にいかなかったのでとにかくグリースの固着だろうとばかり思い、外せる範囲ですが大体の歯車とかは洗浄してグリース塗り直したりしました。ついでに
SL-PG440 2
ここも汚かったので清掃しました(苦笑)
そして、また組み合わせて確認したら、ダメでした。若干よくなりはしました。ただ、CDトレーを排出して、いれようとすると、途中までしかトレーが戻ってきてないのに、ピックアップレンズとかあるところが上にでてきちゃうもんだからトレーが途中までしか戻ってこないんです、ひっかかって。
で、ネジ外したりしてなんとか中に入れても、今度は出そうとしてもでないという・・・(わけわかんないことばっか書いてごめんなさい)
そこでふと思ったのが、そもそもこいつはまずピックアップレンズ生きてるのかな、って。
CDが入ってたので再生ボタン押しますが、読み込まず。そこで、輸送用レバーないことを確認し、レンズクリーニングにかけてやりましたが結果は同じ。てことでピックアップもビミョーだからもういいやってことで諦めました(笑)
定価5万以上の機種なら人に聞きながらでも試みたでしょうが、そこまでするほどの機種でもないかな、逆に相談する人の時間がもったいないなということで断念、再び売りました。
ていうかまともに修理できたのまだ1個しかない・・・
しかもそれはそれで音飛びしたし・・・
あと1個は運良くいきなり直ったやつだし・・・
僕には修理センスないっぽいです。せいぜい分解・清掃くらいが精一杯なのでしょうね。これだから不器用で頭悪くて文系やろうは・・・
文章多くなってすいません・・・
ちなみにVHSデッキとアンプとCDプレーヤー入手してます(苦笑)ので、ぼちぼち紹介したいですが、衝動買いが最近ヤバイ・・・
スポンサーサイト
category
腕が未熟で直せなかった物
genre
趣味・実用
theme
デジタル家電・AV機器

Comment

No title

それのメカ、CDラジカセと同じなんだぜ・・・。
まるまるそっくりそのままラジカセに載ってるんだぜ・・・。
ちなみにDACはメカの下にひっついてるちっちゃい基板にコントロール系とかと一緒に付いてる。
右側の基板は電源と表示部だけだろうねぇ。

たぶん組み間違いだと思うからちゃんと動きを考えながら組み直してみ。
それでもCD読まないならならピックアップに付いてる禁断のVOLをちょちょいと・・・。
  • 2012⁄12⁄23(日)
  • 22:48

Re:ドフ猫くん

CDラジカセと一緒だと・・・!?
まじかー。でももう売り飛ばしちまったよ・・・(´・ω・)
こんなのも直せないってことは僕はもうたぶん不器用の王様なんじゃないかな。
君のブログ見て勉強するわ~(笑)
  • 2012⁄12⁄24(月)
  • 16:33

このMASHヴィンテージモデルは共通してローディング機構の排出ロック現象が起こります。
原因はローディング機構上部の金属板にあるCD盤の押さえ部品にあります。
スポンジ状のクッションの吸着力(粘着力)が磁石の押さえ機構と相乗効果で
固定力が大きくなりすぎCDを取り出せなくします。
スポンジ状のクッションはCDを接着してはがれないのでローディング排出時にモータがロックされてしまいます。ですので内部メカニズムが原因ではありません。
もし排出が困難となる場合はCD上部ディスク固定部品のスポンジにセロハンテープなど貼り粘着力を抑えれば
うまくローディング排出できるようになりますよ。
MASHは独特の音がするので復活できず残念です。
  • 2015⁄10⁄21(水)
  • 03:52

Re:ななし様

およそ3年も前の記事にコメントくるとは予想外でした(笑)
また入手する機会がありましたら生かしたいと思います、有難うございます(><)
  • 2015⁄10⁄23(金)
  • 01:01

Trackback

http://pk846928.blog.fc2.com/tb.php/75-c8a91341