FC2ブログ

2年間の僕の食費

上京して2年経ち、3年目に突入するわけですが、ここで2年分の食費をグラフ化してみましたので何となく記事にしてみます。何かの、誰かの役に立つというのはおこがましいですが、新生活を送る人に、ダメな見本として参考にでもなればいいなと思います。
実家暮らしの頃は当然、親のお金で食べていたので、正確な収支は把握していませんでしたし、親の離婚後は弟と二人で月の生活費上限の10万を超えなければいいや程度で日々を過ごしていました。
ところが`16年に就職で上京。自分の給料で食費を捻出しないといけないので、家計簿をつけつつ、試行錯誤と散財を繰り返して今に至ります(
食費2年 グラフ 1

食費2年 グラフ 2
2年分<2016/3~2018/3>の食費。まあかなりかかってると思います。
ここで5つに分けて言い訳
食費2年 分析
1...高止まり期
2...第一下落期
3...上昇期
4...第二下落期
5...現在進行の為何とも言えない

1~3については、殆ど2016年度。1の期間は、浮かれ気分とキッチン用品の不足でかなり高いまま推移したと思います。
2の期間はキッチン用品が揃ったこと、自炊に慣れてきたことなどがありますが。実は一番の要因は7~9月は長野・10~1月は石川と出張が連続し、遊ぶ人も機会も大きく減ったことが多いかもしれません。
3の期間は12~1月はボーナスが入ったことによる贅沢と、帰省時の飲食費が大きいかな。2~5月は転職と引っ越しによる混乱です(

4の期間は「住民税の発生」「転職で手取りが激減」「車のための貯金」様々な要因があり、外食の回数と店の値段、食材費などを自分なりに抜本的に見直し。
その結果、ボーナスが入った12月以外は30000円以内に。11月に至ってはなんとか20000円以内に収まりました。まだまだ高いですが、当初と比較すると約2万円程度抑えてることになります。月の駐車代と考えると小さくはないです。

理想としては15000円程度とは思います。が、中々難しそう。。。。取り敢えずは、20000円以内を継続できるようにしたいですね。
食費を削れれば、他の部分にお金を割り振れるので、少ないに越したことはないんですが、やりすぎると反動が体や消費活動に出てしまうので、程よい感じが良いなと感じています。


好き嫌いが多くてレパートリーが少ないのが致命的...(
スポンサーサイト
category
家計簿

Comment

Trackback

http://pk846928.blog.fc2.com/tb.php/445-bba8ce03