SONY Handycam CCD-TR45 ~1990年発売~

今年の初め頃?か去年の末ににオクにて1万円ほどで購入したものです。
TR45 0
SONY Handycam CCD-TR45 1990年7月1日発売 定価:130000円+tax 重さ:690g
動作品、とのことでオクで入手しました。この機種の動作品は殆ど滅多に見ないので、これは是非欲しいと思い頑張って落札。その後、3月の東北へのボランティアの際にはこのビデオカメラで被災地の様子を撮影したりしました。
しかし、ブロ友の解体屋くんやPASTさんから「映像が白っぽい」と指摘をうけ(薄々思ってはいましたが)しばらく封印していました。
↓こんな感じ

が、解体屋くんから「見てみようか」と仰っていただき、レンズの一部が曇っていたらしく、そこを清掃して無事完全な動作品になったのです。
感謝感謝ですが、この後解体屋くんは度々ビデオカメラの記事に登場します(苦笑)
直った後は、最近では台風直撃時にスポーツパックに入れて撮影しました。

さて本体についてですが、上記の発売時期、価格についてはSONYにメールで問い合わせてみた処、教えて頂きました。
主な特徴(説明書より)
・690gのコンパクトなボディ ・オートフォーカス ・オートホワイトバランス ・逆光補正機能 ・日本語表示 ・可変速6倍電動ズーム ・可変速デジタルシャッター(1/100、1/1000) ・デジタルスーパーインポーズ機能 ・日付、時刻録画機能 ・エディットサーチ機能 ・マクロ機能 ・ピクチャーサーチ、高速アクセス ・エディットスイッチ

CCD-TR55や上位のステレオパスポートサイズのCCD-TR75と比べると細かいところで機能が多少削減されてるのを感じますが、低価格機(?)位置を考えると妥当かなと思います。
殆どオートでやってくれますし、ボタンの数もTR55と比べるとかなり少なくなっているので、僕みたいなビデオビギナーは当時TR75よりTR45のほうが使いやすかったかもしれません。
TR45 9
Handycam55が「パスポートサイズ」のキャッチコピーで売られてますが、このHandycam45は「めちゃ軽パスポートサイズ」、Handycam75は「ステレオパスポートサイズ」の愛称で売られてたようです。でも690gは本当に軽いなと思いました。
デザイン的には、TR55よりも曲線が目立ちます。ややのっぺり? 個人的にはやはり55が好きです(笑)75のほうが45よりかっこいいかな~
今回はカタログも一部スキャンしてみました。(わざわざオクで買っちゃうという)また紹介動画もUPしたので貼っておきます。
尚、レンズ清掃をしていただいた解体屋くんにはこの場をお借りして再度御礼を申し上げます、有難うございました。
では、その他写真にいきます
TR45 1
横から。
TR45 2
スーパーインポーズ、日付、時刻ボタン
TR45 3
シャッタースピード、フォーカスボタン
TR45 4
前から。逆光補正ボタン、マイク。面構えは中々Goodですね。
TR45 5
右側面。「SONY」
TR45 6
入出力端子。モノラルです。
TR45 7
後ろから。
TR45 8
上から。電源とビデオの操作部。
修理マーク
修理マーク。98~00年に点検or修理されてるみたいです。
TR45 パスポートサイズ
パスポートサイズ説明書で隠した様子。
付属品全部
付属品と。こうやってやるとオークションみたいです(笑)
14121702.jpg
パスポートサイズ説明書。
14121701.jpg
説明書。

追記でカタログと動画いきます。

14121703.jpg
浅野温子さん美人!(ファン)
14121704.jpg
これと
14121705.jpg
これ つながってるのですが入りきらなかったので分けてスキャン。 つなげると
kuttuke.jpg
こんな感じ
14121706.jpg

14121707.jpg

最後に台風時の動画、後は外観とTR45で撮影してきた映像をのせます。



スポンサーサイト
category
ビデオカメラ

Comment

Trackback

http://pk846928.blog.fc2.com/tb.php/266-163676ff