NINTENDO GAME BOY DMG-01 ~1989年発売~

前回修理(?)記事作成したので今回は本体のちゃんとした(?)紹介です。
初代GB 1
Nintendo HANDY GAME MACHINE GAME BOY DMG-01(初代ゲームボーイ) 1989年4月21日発売 定価:12500円
オクやジャンクで動作品を探していましたが、殆どドット抜けの症状が多く諦めかけてたのですが、大学でそれなりに夏休みできるのも今年が最後かなと思い、自力での修理にチャレンジ。無事成功して現在携帯ゲームはこれをメインに遊んでます。
時期的には、バブル景気真っ盛りの商品で僕が大好きな年代。 1989年はパスポートサイズのCCD-TR55、世界初のノートパソコンDynaBook J-3100SS、そしてこのゲームボーイと一気に電子機器が小型化された年だなと思います。 一番好きだ

バブル経済期なので値段がバブリーだと勘違いしている人周りに多いですが、値段はリーズナブルで12500円(後に8000円に)。最近の3DSやVita等が大体2万円前後なのを考えるとゲームボーイは子供に(幾分)優しい値段だったなあと僕がやってた90年代~00年代思い出しても感じます。
詳しい仕様はWikiや任天堂公式ホームページに載ってますのでそちらをどうぞ。
電池4本消費しますが(僕はエネループでw)、電池持ちがよく結構遊べます。また、厚みがある分持ちやすくプレイしやすいのもGood。イヤホンをつければ迫力のステレオサウンド。ノイズは多いですが中々サウンドがよかったです(笑)

学校に持って行って、空いた時間にテトリスやってます。
何故テトリスかというと頭がよくなるらしいから21にもなって足掻いてます。無駄ですね(
友達から「超懐かしい!」という反応が返ってくるのが面白いです。
2014年で発売25周年になります。おめでとうゲームボーイ。 写真にいきます。
初代GB 2
背面
初代GB 3
右側面。通信コネクタとボリューム調整。
初代GB 4
左側面。コントラスト調整。
初代GB 6
上。電源ボタンとカセット挿入口
初代GB 5
下。イヤホン穴です。ステレオになります。

当時のTV-CF


そして、3ヶ月はやっているテトリス。
DMG-TRA.jpg

最近になってようやく
テトリス 10万超え
10万点を超えることができましたw
10万超えるとロケットがあがるのですが、うれしくて動画を撮影したくらいですw

今後も続けて頭の劣化を和らげたい(
スポンサーサイト
category
ゲーム機

Comment

Trackback

http://pk846928.blog.fc2.com/tb.php/264-574d40ed