DynaBook EZ 486P

バイトと教習所で忙しくて体がギシギシ言ってる今日このごろですが・・・
今回紹介するのは、東芝の「DynaBook EZ 486P」です。1993年製。ノートPCというより、ラップトップPCに近い感じです。
DSCN0002_convert_20120812101115.jpg

DSCN0001+(2)_convert_20120812101255.jpg
重量4.5kg、外形寸法340(幅)×325(奥行)×72(高さ)mm、48ドットシリアル熱転写プリンター搭載、3.5インチフロッピーディスク装置搭載。メモリは後付でHDDを付けられます。RAMは2MB標準装備です。ちなみにプリンターでは、はがきにも印刷できるので、年賀状とかも作れるみたいです。intel入っtel!!
最初から、ワープロ、表計算、住所録、スケジュール、ソフトインストール、ファイル管理、などが登録されてます。自分でソフトをインストールして、アイコンを増やすことも可能みたいです。PCは詳しくないのでもうなんのことやらわかりませんが、とにかく、いつかこれ用のインクリボンをGETして、印刷できるようにしたいですね。ちなみにバッテリーは死んでましたので、コンセントつなぎっぱなし。追記で画像UP。
DSCN0001_convert_20120812101504.jpg

DSCN0001+(1)_convert_20120812100902.jpg

DSCN0001+(4)_convert_20120812101756.jpg
端子類。
DSCN0001+(3)_convert_20120812101612.jpg

DSCN0003_convert_20120812101416.jpg
取り扱い説明書。

今時のパソコンとは違った味がありますよ。いつかは初代DynaBook、J-3100SSを手に入れたいです(・∀・)
スポンサーサイト
category
パーソナルコンピュータ
genre
趣味・実用
theme
デジタル家電・AV機器

Comment

Trackback

http://pk846928.blog.fc2.com/tb.php/18-63ac2eee