Panasonic RX-DS30 ~1989年発売~

もう2か月近く放置してたことになりますがこのほど「なんちゃって分解&清掃」にチャレンジしました。
RX-DS30 0(2)_s
Panasonic RX-DS30 1989年発売のバブルラジカセです。定価35,000円。
ヤフオクで500円で落としました。状態などは追記でいきます。
DOLBY-NRは非搭載。オートリバース、ATLS搭載。マニュアルRECレベル調整はできません。
RX-DT8などと比較すると1回り小さい?です。ダブルカセットではありませんが操作系が前面にあるのはすごくかっこいいです。音質も悪くない。1Wayスピーカーの割にけっこうな低音をならし、なかなか迫力のある音をだしてくれます。
RX-DS30 1_s_s
操作系。まとまりがあってかっこいいです。ファンクションのLED?ライトがまたいい雰囲気出してくれます。CDは12キーあります。TONE調整、XBS調整は下にあります。
RX-DS30 3_s
"DS30"ロゴ。
RX-DS30 2_s
"TIMER-REC"のスイッチカバー?は欠品のようです。
RX-DS30 4_s
背面。"Panasnic"ロゴも浮彫てきな感じでいいです。
RX-DS30 5_s
端子部。AUX-IN、CD OUT 搭載。ちゃっかりマイクミキシングジャックも搭載。
RX-DS30 8_s
"DIGITAL"ロゴ。いいですね。
RX-DS30 6_s
リモコン&取扱説明書。
RX-DS30 7_s
リモコン。型番は"RAK-RX3001S"
追記で分解?清掃編

オクでは「リモコン操作ができ、CDが聞ける、それなりに汚れと小さいキズはあります。外観上壊れている箇所は、アンテナの先端が折れて有りません。」でしたが、到着してみるとCD不可、カセットは再生できるも片側からしか音がでない、それなりというよりゴミ置き場からきたんじゃないかと思うくらい汚い状態でした。
CDはピックアップレンズのクリーニングで復活、カセットはヘッドをピカピカに磨きましたが症状治らず、おそらくコンデンサとかになってくるのでノータッチでいくことにしました。
RX-DS30 ゴミver_s
届いた時の状態。ゴミですかこれは?ヤニ汚れやらカビやらすごかったです。
RX-DS30 ゴミver2_s
電池蓋をあけると・・・
小グモの死骸やら生きてるのが1匹・・・なきそうでした(´・ω・`)
RX-DS30 清掃1_s
メラミンスポンジとスーパーオレンジでごしごし清掃。
RX-DS30 分解1_s
ねじを取って。初の開腹。
RX-DS30 分解3_s
きちゃない。でもボタンとかすごいっすなあ。
RX-DS30 分解2_s
スピーカー裏。この4つのねじを取って、
RX-DS30 清掃2_s
ホコリ・・・すごいです。ネットはというと・・・
RX-DS30 清掃3_s
写真じゃわかりにくいですがもっと汚かったです。雑巾でふきたいですが、手が届かないところもあったりで綿棒でごしごししたり。ほんとは全部外して水洗いする予定でしたが、
RX-DS30 分解5_s
こんな感じでケーブルが取れないようになってたので断念。
RX-DS30 清掃4_s
雑巾と綿棒で掃除。割ときれいになりました。
RX-DS30 分解4_s
ボリュームノブ。も取り外して掃除。長さ的に、「RX-DT5」のものと似ています。
あとは各部ホコリを取って組み上げました。
RX-DS30 清掃5_s
綿棒真っ黒。でもまあどんどんきれいになるのは見ていて面白かったです。
結局全部の汚れは取りきれませんでしたが、疲れたので妥協。まあゴミから中古品くらいの見た目にはなったかなあとは思いますが、ちょっとスピーカーのとこだけ汚れ目立ちますね。
でもラジカセけっこうはまっちゃいました。
スポンサーサイト
category
ラジカセ
genre
趣味・実用
theme
デジタル家電・AV機器

Comment

Trackback

http://pk846928.blog.fc2.com/tb.php/119-2ac672c3