Lo-D HCA-8300 ~1976年発売~

セパレートアンプ、最初はプリアンプを紹介します。
HCA-8300 1_s
Lo-D HCA-8300 1976年発売 定価60,000円。
オークションでパワーアンプとセットで33000円で購入しました。オーディオへの投資としてはDS-77Zを超えて過去最高額です。初めての、LO-D。初めての70年代オーディオ。
CD端子はありませんが、AUX端子が2個あります。また、時代的なものでしょうがPHONO端子も2個ついてます。
見た目は意外にも?70年代らしさをあまり感じず、80年代のバブルアンプ(プリメイン)に近い雰囲気があります。個人的には、高級感を感じましたが僕の気のせいかもしれません。
スイッチがレバーみたいになってたり、"BLOCK DIAGRAM"あたりが70年代の流行りや資金の潤沢さを感じますが。
LOUDNESSも搭載してますが、かなり爆音になるのは故障なのか、それとも仕様なのか・・・
そこらへんはわかりませんが、ちょっと気軽にポンポン使えないなあという感じですね、LOUDNESS。
HCA-8300 2_s
"Lo-D STEREO CONTROL AMPLIFIER HCA-8300"
HCA-8300 3_s
端子部左側。
HCA-8300 6_s
端子部右側。TAPE2はDIN端子搭載。一番右のOUTPUT端子をパワーアンプに接続します。
HCA-8300 4_s
ACアウトレット。当初「50W?」と思ってましたが、解体屋さんにきいたところレコードプレーヤー用かもしれないとのこと。知らなかった・・・(汗)
HCA-8300 5_s
個人的にお気に入りなのはこの"BLOCK DIAGRAM"
すごくかっこいいです。
HCA-8300 7_s
中身。
パワーアンプと組み合わせないと使えませんが、接続とか調整すると自分の無知さを実感しますね。手さぐり感覚でやってます。どちらにせよ僕なんかにはもったいないような機種ですがまあなんとか、自分好みの調整にできるといいですね・・・
スポンサーサイト
category
アンプ
genre
趣味・実用
theme
デジタル家電・AV機器

Comment

Trackback

http://pk846928.blog.fc2.com/tb.php/115-eaa7751c