Victor TD-V931 ~1989年発売~

ハードオフにて、中古で15750円で購入したのですが、、、
TD-V931 1_s
Victor TD-V931 1989年発売 定価87000円。
ネットでもAIWAのXK-009と並び人気のこの機種、値段が値段なだけに悩み、例によって解体屋くんに相談したところ、まあ買いかも という結論に達したため購入したのですが。。。
買ったその日にこの機種によくあるいわゆる「超音波病」を発症(カセットを再生すると高周波のノイズ「ピーー」ていう音がでてレベルメーターも振れる)、また巻き戻し、早送りもできなくなったので、3か月保障を使って返品、1夜限りの夢でした(笑)中古品として売るならもうすこしちゃんと確認してほしいよ・・・
音質はたしかに噂通りの高音質。ノイズも少なくクリアな音でしたが、しかしCDとは違うアナログ感も感じました。
カセットでここまでクリアな音は聞いたことなかったので感動でした。
またこのころのビクターのカセットデッキは ARKBASEと呼ばれる木の板が底面に設置されており、これにより徹底的な防振を図っていたようです。が、これ買ったとき汚いことこの上なかったですよ・・・
BEFORE
TD-V931 4_s
AFTER
TD-V931 3_s
雑巾で拭いたらだいぶきれいに。
上面も・・・
TD-V931 2_s
シールのはがしかけあったり・・・濡らした綿棒で取って何とか簡易清掃完了


端子部。DIRECT端子も2つあって贅沢なつくり。全部金メッキです。
TD-V931 6_s

TD-V931 7_s

TD-V931 8_s
ディスプレイ。レベルメーターもかっこいいです。
TD-V931 9_s

TD-V931 10_s

TD-V931 11_s
ボタン配置がかっこいい。
中身にいきます。
TD-V931 5_s
カセットデッキでこんなに詰まってる中身は初めて見ました。安いアンプより普通につまってるのではないのでしょうか。物量投入時代の勢いを感じられます。そんなに昔の話ではないんだけどねえ(´・ω・`)
プラグイン方式を採用した基板らしく。いたるところで銅メッキ使われております。

せっかくのいい機種だったんですが。
まあカセットデッキを手入れ&修理する技術ない僕にも問題あると思います。本当はそういう知識や技量がないとカセットデッキを触る資格なんてないかもしれませんけども。
中古品として売るのなら、もっとちゃんと動作確認してほしかったなあというのが本音。
まあ「お前にはまだ早い」ってことかな。少しずつ、知り合いからアドバイスもらいながらカセットデッキの修理もやっていけたらとも思いますが。
まずは中級機種をそろえていけたらなあ。
スポンサーサイト
category
カセットデッキ(CTD)
genre
趣味・実用
theme
デジタル家電・AV機器

Comment

Trackback

http://pk846928.blog.fc2.com/tb.php/105-9c01dd6f