Entry Navigation

SONY Handycam CCD-TR45 ~1990年発売~

今年の初め頃?か去年の末ににオクにて1万円ほどで購入したものです。
TR45 0
SONY Handycam CCD-TR45 1990年7月1日発売 定価:130000円+tax 重さ:690g
動作品、とのことでオクで入手しました。この機種の動作品は殆ど滅多に見ないので、これは是非欲しいと思い頑張って落札。その後、3月の東北へのボランティアの際にはこのビデオカメラで被災地の様子を撮影したりしました。
しかし、ブロ友の解体屋くんやPASTさんから「映像が白っぽい」と指摘をうけ(薄々思ってはいましたが)しばらく封印していました。
↓こんな感じ

が、解体屋くんから「見てみようか」と仰っていただき、レンズの一部が曇っていたらしく、そこを清掃して無事完全な動作品になったのです。
感謝感謝ですが、この後解体屋くんは度々ビデオカメラの記事に登場します(苦笑)
直った後は、最近では台風直撃時にスポーツパックに入れて撮影しました。

さて本体についてですが、上記の発売時期、価格についてはSONYにメールで問い合わせてみた処、教えて頂きました。
主な特徴(説明書より)
・690gのコンパクトなボディ ・オートフォーカス ・オートホワイトバランス ・逆光補正機能 ・日本語表示 ・可変速6倍電動ズーム ・可変速デジタルシャッター(1/100、1/1000) ・デジタルスーパーインポーズ機能 ・日付、時刻録画機能 ・エディットサーチ機能 ・マクロ機能 ・ピクチャーサーチ、高速アクセス ・エディットスイッチ

CCD-TR55や上位のステレオパスポートサイズのCCD-TR75と比べると細かいところで機能が多少削減されてるのを感じますが、低価格機(?)位置を考えると妥当かなと思います。
殆どオートでやってくれますし、ボタンの数もTR55と比べるとかなり少なくなっているので、僕みたいなビデオビギナーは当時TR75よりTR45のほうが使いやすかったかもしれません。
TR45 9
Handycam55が「パスポートサイズ」のキャッチコピーで売られてますが、このHandycam45は「めちゃ軽パスポートサイズ」、Handycam75は「ステレオパスポートサイズ」の愛称で売られてたようです。でも690gは本当に軽いなと思いました。
デザイン的には、TR55よりも曲線が目立ちます。ややのっぺり? 個人的にはやはり55が好きです(笑)75のほうが45よりかっこいいかな~
今回はカタログも一部スキャンしてみました。(わざわざオクで買っちゃうという)また紹介動画もUPしたので貼っておきます。
尚、レンズ清掃をしていただいた解体屋くんにはこの場をお借りして再度御礼を申し上げます、有難うございました。
では、その他写真にいきます
TR45 1
横から。
TR45 2
スーパーインポーズ、日付、時刻ボタン
TR45 3
シャッタースピード、フォーカスボタン
TR45 4
前から。逆光補正ボタン、マイク。面構えは中々Goodですね。
TR45 5
右側面。「SONY」
TR45 6
入出力端子。モノラルです。
TR45 7
後ろから。
TR45 8
上から。電源とビデオの操作部。
修理マーク
修理マーク。98~00年に点検or修理されてるみたいです。
TR45 パスポートサイズ
パスポートサイズ説明書で隠した様子。
付属品全部
付属品と。こうやってやるとオークションみたいです(笑)
14121702.jpg
パスポートサイズ説明書。
14121701.jpg
説明書。

追記でカタログと動画いきます。
スポンサーサイト
category
ビデオカメラ

煮込みハンバーグを作ってみる

夏休みに頑張ったこと2つ目は料理です。
「MOCO`Sキッチン」をyoutubeで見てハマってしまい、真似事をした に近いですがw
憧れはこんなんです↓

では簡単に写真を載せていきますw
煮込みハンバーグ 材料
材料はこんな感じです。
ミートソース自分で作る元気も知識も時間もないので買ってきました\(^o^)/
煮込みハンバーグ 1
ひき肉とハンバーグヘルパーと牛乳を混ぜます
煮込みハンバーグ 2
肉ってきました(?)
煮込みハンバーグ 3
形を作って焼きました。
オリーブオイル
サラダ油でもいいんですが、でも僕はオリーブオイル!
焼く
ォイルってますね フライパンが部分的にコーティングがはがれてて
失敗バーグ
失敗して萎えました。こんなフライパンは2度と使わない!
次にソースを作ります。殆ど出来てるんですけども。
ミートソース 1
これを
ミートソース 2
温めて
ミートソース 3
フライパンに。そして、
ミートソース 4
ウスターソースと
ミートソース 5
塩こしょうと粉チーズを少々 また、ハンバーグを焼いた油も少し入れました。
今見るとこれどうかしてますね 勢いで入れたパターンです 塩こしょうは確実にいらないw
煮込み中
とりあえずハンバーグを入れてじっくり煮込みます。
これだけじゃ物足りないので、ソーセージも煮込むことにしました。
ソーセージ 1
これに切り目いれて
ソーセージ 2
焼きすぎた しにたい
その後ソースに投入。 
野菜がないな、と思い冷蔵庫に入ってる分で何か付け合せ作ってみようと試みました。
付け合せ
にんじんともやし・・・緑がない・・・
味ポンで
味ポンいれて焼きました。 すると、やりすぎてダークマター的ものができてしまい・・・

スライスチーズと粉チーズとオリーブオイルをかけてとりあえず完成
完成
明らかに左上がマイナスですこれ ダークマターと普通の中間の色してます(?)
完成 2
ハンバーグ本体は、身がほぐれてて味もしみこんでてチョベリグ。
これから4ヶ月経った現在は、寒いし節約になるし手間も省けるのでもっぱら鍋ばっかしてます(笑)
またいつか作れたらなあ。
category
DIARY

NINTENDO GAME BOY DMG-01 ~1989年発売~

前回修理(?)記事作成したので今回は本体のちゃんとした(?)紹介です。
初代GB 1
Nintendo HANDY GAME MACHINE GAME BOY DMG-01(初代ゲームボーイ) 1989年4月21日発売 定価:12500円
オクやジャンクで動作品を探していましたが、殆どドット抜けの症状が多く諦めかけてたのですが、大学でそれなりに夏休みできるのも今年が最後かなと思い、自力での修理にチャレンジ。無事成功して現在携帯ゲームはこれをメインに遊んでます。
時期的には、バブル景気真っ盛りの商品で僕が大好きな年代。 1989年はパスポートサイズのCCD-TR55、世界初のノートパソコンDynaBook J-3100SS、そしてこのゲームボーイと一気に電子機器が小型化された年だなと思います。 一番好きだ

バブル経済期なので値段がバブリーだと勘違いしている人周りに多いですが、値段はリーズナブルで12500円(後に8000円に)。最近の3DSやVita等が大体2万円前後なのを考えるとゲームボーイは子供に(幾分)優しい値段だったなあと僕がやってた90年代~00年代思い出しても感じます。
詳しい仕様はWikiや任天堂公式ホームページに載ってますのでそちらをどうぞ。
電池4本消費しますが(僕はエネループでw)、電池持ちがよく結構遊べます。また、厚みがある分持ちやすくプレイしやすいのもGood。イヤホンをつければ迫力のステレオサウンド。ノイズは多いですが中々サウンドがよかったです(笑)

学校に持って行って、空いた時間にテトリスやってます。
何故テトリスかというと頭がよくなるらしいから21にもなって足掻いてます。無駄ですね(
友達から「超懐かしい!」という反応が返ってくるのが面白いです。
2014年で発売25周年になります。おめでとうゲームボーイ。 写真にいきます。
初代GB 2
背面
初代GB 3
右側面。通信コネクタとボリューム調整。
初代GB 4
左側面。コントラスト調整。
初代GB 6
上。電源ボタンとカセット挿入口
初代GB 5
下。イヤホン穴です。ステレオになります。

当時のTV-CF


そして、3ヶ月はやっているテトリス。
DMG-TRA.jpg

最近になってようやく
テトリス 10万超え
10万点を超えることができましたw
10万超えるとロケットがあがるのですが、うれしくて動画を撮影したくらいですw

今後も続けて頭の劣化を和らげたい(
category
ゲーム機