Entry Navigation

DENON DCD-3300 ~1986年発売~

ヤフオクで凡そ20000円で落札致しました。
DCD-3300 0
DENON DCD-3300 1986年発売 定価200,000円 重量14kg
初めての高級CDプレーヤーです。動作品をヤフオクで落札したものです。オススメしてくれたのは例によってあの方ですが(笑)
とにかく重い。下手な安いアンプより重さがあります。(前もこんなこと書いた記事作ったかもしれません)
又、読み込みも早いです。
届いた当初はあまりきれいでなく、埃っぽさもありましたが、清掃をすると輝きを取り戻しました。大凡僕のような薄汚い塵屑には勿体無い高級感が出てきました。
音質についてですが、何分耳のクオリティが低く僕のような腐った耳が語っていいか迷いましたが、まあいいお金を出して購入した物ですので少しだけ感じた違いを書かせていただきます。
組み合わせ:アンプ・・・TA-F555ESG スピーカー・・・DS-77Z 
比較対象はSONY CDP-338ESD です。
音のクリアさですが、それはCDP-338ESDのほうがクリアに感じました。というのは、DCD-3300はCDP-338ESDより中域が強いからだと考えられます。
低音も弱いのかなと想像しておりましたが予想より出ました。
総じてバランスがいいのかな? というところですかね。上から下まで全部出します。
しかし、一番驚いたのは、ボーカルですね。ビブラートの響きというか表現力が強く感じました。セリーヌディオンや徳永英明さんの曲を聴いて思いました。
僕はユーロビートやポップス等が主体なのですが、このCDPはバラードなど、サウンド主体よりボーカル主体の曲に合うCDPなのではないかと思いました
唯、どっちにしても細かい音の表現力が高く、いつも聞いてる音楽でも初めて聞こえる音があったり感動することもあります。(あくまで個人的な感想ですのであまり期待しないでください)

今回も概観と清掃の記事にするつもりだったのですが、ラックに入れたらCDを読み込まなくなるというハプニングが発生、解体屋様の指示を仰ぎながら応急処置を施し現在の所快調に動作しております。
DCD-3300 2
操作ボタン。再生ボタン、ヘッドホンジャック等。
DCD-3300 4
ミュージックセレクトボタン、液晶部。この下の部分は・・・
DCD-3300 1
このように開きます。タイムサーチやオートスペース等、MANUAL操作ボタンが入ってます。
DCD-3300 3
トレー部。発売が1986年ですので、1988年より採用された8cmCDには非対応となっております。
DCD-3300 5
背面端子、デジタル端子部。OPTICAL.COAXIAL搭載。COAXIALに至っては2つ搭載しております。
DCD-3300 6
アナログ端子部。固定、可変の両方の端子もですが、キャノン端子も兼ね備えております。正に至れり尽せり。キャノン端子は名称も実物も始めて見ました。
RC-3300.jpg
リモコン。型番は「RC-3300」です。最初は動かないと思ってましたが、どうやら乾電池自体の不具合だったようで、充電したエネループ入れた所何の問題もなく動きました。

追記で中身、清掃、手入れにいきます。
スポンサーサイト
category
CDプレーヤー(CDP)

EXVS FB ストフリ

6/25日のアップデートでストフリにも待望の(?)修正が入り、動画を直撮りですが撮ってきたのでUPします。
主な修正箇所
①CS~威力上昇(120→130) 発生が若干向上
②サブ→特格のキャンセルルート追加
③バーストアタックの発生向上、威力も若干上昇 銃口補正の上昇?(これは私感)
④前格闘ヒット後のモーションが特格と同様に。
⑤特格派生格闘~何が変わったかあまり使わないためよくわからない
⑥BD格闘~突進速度が上昇?落としにくくなった?判定微強化? (いずれも私感なので断言はできません)
⑦停滞ドラグーン(N特射)の仕様変更~メイン射撃連動を廃止、再度特射入力で発射に。
⑧特格のモーションが早くなった?(私感)

ですね。個人的感覚による箇所もあるので信憑性はあまりありません。
①、②、⑦の修正が一番大きいのではないでしょうか。
せっかく強くはなったんですが、ちょっと難しくなり、又、腕が未熟な処も有り勝率の方は若干上がっただけです。
強くなったとはいえ、耐久値が低い上に、ドラグーンの依存度は高いままなのでデリケートな扱いが必要なのは相変わらずであると思います。

追記で動画。
category
EXVS.FB

SONY Handycam CCD-TR12 ~1996年発売~

ついに、5度目にしてようやくオークションにて完動品のHandycamを入手しました。
Handycam CCD-TR12 0(3)
Handycam CCD-TR12 1996年4月10日発売 定価160000円
2ヶ月ほど前になりますが、動作品をヤフオクにて入手。散々失敗してきただけに嬉しさよりホットした感がありましたが・・・
本体は、状態も良く付属品もS端子ケーブル以外揃っていてとても満足です。
1996年発売と8ミリビデオの中では中期頃なので、撮影機能も充実していて楽しいです。
以下、機能
・InfoLITHIUMバッテリー対応 ・光学15倍、デジタル30倍ズーム ・11.3万画素カラーファインダー搭載 
・高画質videoHi8 ・エディットサーチ機能 ・リモコン対応 ・コマ送り再生、スロー再生、倍速再生(リモコンのみ) 
・ホワイト/モザイクフェーダー機能 ・逆行補正機能 ・ワイドモード(シネマ/フル) 
・ピクチャーエフェクト機能(モザイク/ソラリ/ネガアート/パステル/スリム/ストレッチ/モノトーン/セピア)
・明るさ調整機能 
・プログラムAE機能(スポットライト/ソフトポートレート/スポーツレッスン/ビーチ&スキー/サンセット&ムーン/風景 モード) ・手振れ補正 ・タイトル作成機能 ・ゼロメモリー機能 ・日付サーチ/スキャン機能 ・バイリンガル機能
・TBC(Time Base Corrector)搭載 ・DNR(Digital Noise Reduction)搭載 ・ORC(Optimum Recording Control)搭載 
・風音低減機能 etc・・・
疲れた・・・
とまあ色々長々と書きましたが、SONYのHPにプレスリリースが残ってるので、こちらもご参考にしていただければ。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press_Archive/199602/96V-031A/
多機能なこのビデオカメラですが、撮りためた8ミリテープをディスクにする人にもオススメです。というのは、"TBC機能"、"DNR機能"、"ORC機能"を搭載しているからです。TBCとは、ジッターを低減して、画像の揺れや直線の曲がりを抑える機能のようです。 DNRとは、色ノイズの低減を図り、クリアな映像を再現する機能のようです。 ORCとは、ビデオヘッドとテープの状態を測定・分析して、最適な記録電流を設定することで、輝度ノイズの低減と鮮鋭度の向上を図る機能のようです。(ほとんどコピペェ)
よくわかりませんが、デジタル技術で記録されたテープの画質の高画質化を図っているものと思われます。
1998年以降の8ミリビデオ機器には、"XR"規格が加わり、さらに高画質化の試みがなされているのですが、95年に登場した「miniDV」ビデオカメラが00年代以降値下がりが進み普及したことにより、8ミリビデオカメラの売り上げは減少。その結果、現時点での"XR"採用ビデオカメラの流通数はそれ以前のものより少ないかと思います。オークションを見てもかなり値上がりすることが多く手を出せません。
(水平解像度・Hi8:約400TV本 Hi8 XR:約440TV本)
現行のHD画質のような鮮明さは勝てないでしょうが、個人的には8ミリの、高画質すぎず、低画質すぎず、多機能感あり、何と言っても年代 が好きなのです。
同年代だとVHS-Cがありますが、テープは持ってますが機種がないというね。
追記で各画像いきます。
category
ビデオカメラ

祝(?)1周年

ちょっと過ぎてしまいましたが、7月1日でブログ開設して1年になりました。当初は、見る人などいないだろうという感じでやってたんですが、7月1日時点での訪問者数は7241人。予想外の訪問者数にちょっとびっくりです。。。まあ全然多くないんですが。
開設当初は今以上に写真撮り下手で、文章も稚拙で、いわゆる「黒歴史」と化してますが、まあいまさら消すのもなんかアレですしね(苦笑)
ということで、1周年記念なので何かしたいなと思い、色々考えましたが、絵心ない・HTMLの知識ない・写真撮りは(ry
こういう感じなので、テンプレートを変えることにしました。
それだけだとさびしいのでほかにも考えてますがブログと何の関係もない気がしますw
しかし色々リニューアルしたい気分ではありますね。あらゆることを。リセットしたい気分ですね。

危なく愚痴モードに入りそうになりましたが。
この1年、ほんとにやっていく中で学ぶことも多かったです。始めた当初は、デジカメの写真の撮り込みかたすらわからない状態で。
訪問者数が増加するにつれ、記事を作るある程度の責任とかも意識しないといけないなと思いました。
簡単に見ていたブログでしたが、工夫しようとするとけっこう難しかったり。
まだまだ未熟者ですが、やってみて感じました。

ちなみにこのブログの名前は"voltex"と"age"を掛けて作った造語のつもりでしたが。。
すでに既出っぽいですよね。
わけわからんことをグダグダと書き連ねましたが。
一度でも覗いてくれたかた、いつも見てくれるかた。本当にありがとうございました。
これからも頑張りますので、よろしくおねがいします。
category
DIARY