Entry Navigation

品川新駅の新名称に応募してみた

京浜東北線に揺られると、日に日に工事が進んでいるのが分かる2020年開業予定の品川-田町間の新駅。自分の住んでいる区...ではないですが、そう遠くない距離に出来る新駅なので気になってました。
地方出身者からすると、「この距離にそもそも新駅いる?」「品川新駅で良くない?」などと思ってしまったりしますが、この度JRが新名称を公募していたので応募してみました。
新駅 2
横文字のかっこいい”品川シーサイド"みたいなオシャレな名前が浮かべば良いんですが、センスがなかったり、そもそもJRは漢字駅名がデフォルトだったりするのでしばらく悩みました。

考えた駅名
・ベイフロント芝浦駅
・芝浦中央駅
・京浜芝浦駅
・港南北駅
・港南駅

5つくらい考えました 苦笑
"芝浦"多いですね。芝浦って響き割と好きなので積極的に使いました。

個人的には"ベイフロント芝浦"が割とお気に入りだったりしますが、現実的じゃなさそう....



google mapを眺めながら選考した結果
新駅 名前
"芝浦中央駅"にしました。真横に芝浦中央公園ってあるし....
当たるといいなぁ(ボソッ)

それにしても、出来てしばらくはお店も少なくてちょっと不便そうですね。2030年頃には他の駅前みたいになってくるんでしょうか。
工事中の間に撮影でもしたら、いつか見返した時に面白そうです。
スポンサーサイト
category
DIARY

軽度の低音難聴 ~薬が不味い~

とにかく不味い薬がインパクトな備忘録。

異変を感じたのは2018年の2月15日(謎の記憶力)、耳が詰まった感(耳塞感)/自分の声が響くなあという感覚を覚えました。その時は「体調でも崩したかな?」「まあそのうち治るだろう」と思いほっておいたのですが。
翌日以降、右耳だけがどんどん症状が悪化。おまけに耳鳴りまで発症し「???」状態でした。仕事中は勿論、就寝時、静かな室内が特にたまらない時もあり、寝付けない夜も多々ありました。

音楽を聞く時。この頃は、メインのオーディオを聴く余裕がなかったので通勤時のポータブルオーディオばかりでしたが、明らかに右だけ左より聴こえが悪かったのは覚えています。

(お金が無い...けども...)10日程経って、病院に行って検査したところ、低音部のみ聞き取りが悪い軽度の低音難聴という診断でした。
 
グラフの基準値は、右耳の低音の数値のみ基準値以下を表示。一般的には、骨導もダメになるみたいですが、そこは正常なので先生も不思議がってましたが...

原因は不明...とのことですが、薬局の人はストレス原因が殆どと言ってましたね。インターネットによれば、その他に睡眠不足、疲労などがあるそうですが、正確な原因は不明だそうで。
若い女性に増えているそうです。
DSC04280.jpg
薬物治療のスタート。風邪薬みたく、数日で治るものだと思ってましたが、そう上手くいかないもので。
徐々に徐々に治っていくみたいです。
さてこの薬達ですが、中でも「イソバイドシロップ」なる薬ががクソほど不味いという大きな欠点(?)があります。 いやまあ、良薬口に苦しってあるけど...
鼻をつまんでも不味い。水で薄めても不味い。柑橘系の飲み物で混ぜてやっと飲めるかな...?というレベルです。

その後、1ヶ月経ち、漸く数値的には回復。仕事を辞め、順調に回復も実感していますが、耳鳴りと耳の違和感は残っているので現在も投薬治療継続となってます
DSC04385.jpg
シロップはリストラ

ちなみに、尊敬する音楽プロデューサー・小室哲哉さんがなった「突発性難聴」とは別物のようです。あれはより深刻で、治りも宜しくないみたいです。
再発はないようですが...

低音難聴は再発リスクもあるようですので、しないといいなあとは思いますが、自分の精神的な部分によるのかな、そこ次第かなと思ってます。
category
DIARY

ベランダアレンジ計画 1

以前から考えてはいたものの、中々実行に移せなかったことの一つにベランダの実用化&アレンジがあります。
4月からようやく行動に移せたので、徐々に完成させていく予定です。

狭いし、物干し竿もなかった僕のベランダ。見違えるほどのアレンジ....は資金的に困難ですが「人工芝・テーブル・椅子」の3つを揃えるだけでもやってみたいなと思ってます。

まずは、物干し竿を買い、実用化からスタート。
DSC04329.jpg
次に、ホコりや砂を軽く掃除して
DSC04328.jpg
DAISOのジョイント人工芝を用意。まあ、今時ですとリアル人工芝なども売ってるんですが、こっちのほうが虫わいたりとかなさそうだなあなんて理由もあったりします。
DSC04330.jpg
現状。まるで玄関マットの状態ですね。
これから毎月1~2個ほど買い足して連結させていく予定。
category
DIARY

仕事辞めます part.2

ブロ友さん・Twitterのフォロワーさんとの交流も一段落したので投下します。
3月頭から少しずつ考えて、書き出した文章です。稚拙な表現やまとまってなかったりするところが多く見難いかもしれませんが今の僕の現状になります。
コメントがポンポン飛んでくるブログでもないので、あとで振り返った時の備忘録も兼ねてます。
DSC04347.jpg
1年程前に新卒で入った会社を辞め、その後入った今の会社ですが、今月いっぱいで退職することとなりました。今のところは残った有給の消化で休んでいるところになります。
形としては"能力が著しく欠けている"故の会社都合退職となります。解雇です。まあ半分そうしてもらったところはあります。。。。
もちろん"16卒にして既に2社目"ということで、決して今すぐ自発的に辞めようと思っていたわけではありません。
発端は入社3ヶ月経った辺りから定期的にトップから呼び出しを受けたことです。特に年明け以降は上司達からの呼び出し・退職勧奨へと変わりました。
具体的に何を言われたか/何故そういう評価に至ったのかは追記にメモを載せておきますが、いないところで他の人達も僕の悪口を叩いたりといったことは、新人同士のネットワークで把握してました。

ここだけ書いているとブラックに見えますが、そういうわけでもなく、定時上がりがデフォルトですし、(基本的には)土日祝休みです。
世間を見ても、友達を見ても、残業過多・サビ残、休日出勤...etc.が多い中、僕自身は比較的恵まれた条件で仕事をしていたと思います。(1社目もそうでしたが...)

なので、年明けに面談の内容が厳しくなっていってもなんとか続ける方向に自分の気持ちを持っていこうとしていたのですが、2月の面談を受けた数日後から右耳が原因不明の難聴になってしまい、心が折れてしまいました。
耳塞感/耳鳴りなどで集中力が欠け、ただでさえ低い精度なのに更にミスを連発。耳鳴りによる軽い睡眠障害と、どんどん悪循環に陥ってしまった感はあります。

「次呼ばれた時が退き際」そう思いながら仕事を続けており、3月になって再度面談が有った時に辞意を伝えました。実際に伝えると、困惑した表情で「それでいいのか?」とのことでした。
あちらとしては「反骨精神が欲しかった」とのことだそうですが、以前の面談で反論を述べたら「理不尽なことでも黙って聞くのが社会人なんだよ」と言っていたのにどっちなのだろう...と僕も困惑しました。
「メンタルが弱すぎる」とも言われました。が、とにかく余計なことは言わず貫き通しました。有利な条件を引き出せたのは良かったです。

1年前の5、6月に2人。今年の2月から5月末までで、僕を含めて5人辞めますし、休職も1人。1つ上の後輩さんは、6月にボーナスを貰ったら辞めると既に転職の準備をしている状態。
人の入れ替わりは決して少なくない職場ではありますが、"能力が著しく欠けている"、"こんなに出来ないとは思わなかった"という言葉がずっと残っています。
"ここでダメならどこ行ってもダメだ"というのは実際そうなのかもしれない。前職よりは惜しんでくれる人がいたことだけはせめてもの救いでしょうか。
DSC04348.jpg
<後輩の女性職員から頂いたプレゼント>
2社続けての低評価。出向を含めれば3社の経験となりますが。思えばこの2年間、営業、工場の現場、事務と短期間で様々なことをやってきましたが、何をやってもダメでした。
1度目の時のような"次は良いところに行こう""リベンジするんだ"といった前向きな気持ちは殆ど無く。
学歴も無ければ職歴もボロボロ、自信も無ければ気力もない現状を正しく認識するのが精一杯な1ヶ月でした。。
新卒の時、"自分の再起"をかけて、そしてこうならない為に金も時間も労力もかけてきたのですが、再起どころか自分の能力の無さをつきつけられ続けています。

気持ち的には、需要と供給という市場原理に則れば、このまま社会からフェードアウトしたいんですが、生計をたてなければいけないのでそういうわけにもいきません。
3月から民間の転職エージェントやジョブカフェ、ハロワ、転職サイトなど、時間のとれるときに面談をして今後の方向性を話し合ったり、書類の添削をしたり。
2年間の蓄積もプラスして1からスタートとなります。茨の道です、どうなるかはわかりません。普通のことも出来ない人間なので、夢を持つのはやめようとは思ってます。お金さえ許せば、適応障害の検査も考えたほうがいいかもしれませんが...

まあ、空前の売り手市場なので"職に就く"ことよりその先を前回より考えます。

最後になりますが、こういった状況下、同時期に色々な人からオフ会や交流の誘いを頂きました。非常に光栄でしたし、リフレッシュにもなった気がしていて、大変感謝しています。有難うございました。
また誘われれば参加したいですが、SNSで様子を覗くくらいが相応しい気もしますね。
category
辞めますシリーズ

漢検2級なんとか合格

DSC04342.jpg
タイトルの通りです。2月にあった漢字検定、ひっそりと2級を受験してきたのですが、ギリギリ合格しました。
社会人となってから初めての試験でした。高校時代受けた時のリベンジ/自己研鑽の一環として受験。通勤電車と寝る前の勉強を3ヶ月程続けてやっとでした...(汗)
DSC04343.jpg
合格点155点で、僕の点数は157点と、かなり危うかったのが数字として表れています...
DSC04344.jpg
いびつなチャート。よくこれで受かったものだと思います....(苦笑)
DSC04345.jpg
合格率は21.2%だったみたいです。例年19%~22%辺りで推移しているみたいです。
DSC04346.jpg
合格証書。
漢検準2級を合格したのが2010年なので、実に8年ぶりくらいの更新となりました。(2011年に2級を受けた時は落ちた...)
とはいえ、コツコツやってきて、試験前日は4時まで最後の追い込みしたんですが、それでこの点数ということで、正直自分の能力の限界みたいなのを感じた部分もあったり。嬉しい反面、この歳で、2級で喜んでいいのか。もう限界なのかな?と疑問をもつ形となったのはちょっと残念。そろそろ年齢も年齢なので、脳の劣化とやらが始まってるのでしょうかね。

まあ今後も何かしらの資格とか受けてはいきたいです。
category
頑張りましたアピール