Entry Navigation

SANSUI THE BAR ~1990年発売~

2014年夏頃...にオクで入手しました。もう2年以上経つんですな...
BAR 1
SANSUI THE BAR 1990年発売 
定価(税抜):BAR 7dl・・・<本体>165000円/S-700XV<スピーカー2本組>38000円/システム合計:203000円
       BAR 7wl・・・<本体>165000円/S-900XV<スピーカー2本組>60000円/システム合計:225000円
       BAR 9dl・・・<本体>239000円/S-7XV <スピーカー2本組>79800円/システム合計:318000円
       G-900XVwl(dl)<グライコ>・・・33000円 
       P-900XVdl<レコードプレーヤー>・・・16000円
       その他スピーカー:S-5XV・・・42000円/S-100XD・・・30200円/S-30XV・・・13000円/L-300(5XV用スタンド)・・・23000円

2年以上前にヤフオクで動作品を入手しました。本体の値段より送料のほうが高く、涙目になっていた覚えがあります。既に「PIONEER Private X-A5」を持っているのですが、高級バブルコンポ・・・となると入手せざるを得ないですね。(?)
値段などは後日入手したカタログより抜粋。
BAR 5
状態は、あまりよろしくはなかったですね。チューナーのFL管もだいぶ薄くなってました。又、写真で見るより意外と外装も安っぽいところもあったりはします。
BAR 6
音は「落ち着いた」見た目通り...と思いきや、今まで使ってきたコンポの中で一番低音出ます。かなり驚きましたが、グライコ(ドンシャリ)+ラウドネス+BASS MAX で聞いてると部屋が揺れるレベル...
確実に騒音苦情レベルの重低音が出ました。侮りがたし。都内に引越し、マンション暮らしとなった今では更に音量出せなさそうだなあ・・・殆ど東京いないけど・・・
BAR 3
スピーカーのエンブレムをズーム。"S-900XV"
BAR 7
背面はこんな感じ。前所有者が貼ったであろうシールがあります。僕もわけわからなくなるので貼ったままだったりw
BAR 2
さて、「動作品」を入手したのですが、実際のところCDの音飛びが激しく、ブロ友の解体屋くんの元に送って色々試みたんですが...
中のギアが割れているらしく、どうしようもないようで・・・
解体屋くんのお陰で少しマシになりましたが、やはり音飛びは治りませんでした。ピックアップレンズを変えるしかなさそうです。
うーん
A5 BAR
Private A5×SANSUI BAR
1988年と1990年のツーショット。わずか2年で元号が変わったり、冷戦が終結したり、ドイツが統一されたり...そんな激動の時代に生まれたコンポ。
現在は実家にPrivate A5と共に鎮座していると思います・・・スペース次第ですが、どっちか持ってくるか、コンポ買い直すか、いずれまたバブコン導入したいなと思ってます。

最後に動画貼っておきます。
撮影機種:SONY Handycam DCR-TRV220K(2000年発売) Digital8

スポンサーサイト
category
コンポ

SONY Discman D-22 ~1989年発売~

何ヶ月というか何年ぶりかのオーディオ記事投下。2013年か2014年辺りにオクで入手しました。
D-22 1
SONY Discman D-22 1989年9月21日発売 標準価格:19500円

情報は例に漏れずSONYさんにメールで問合せました。回答頂き感謝です。
バブルカルチャーを追い求めてもうすぐ10年になりますが、ポータブルに関してはカセットばかりでDiscmanは全く見ておらず導入が遅れていました。理由としては他にも、80年代中盤辺りのDiscmanは値段が異常に高く手を出せなかったので、平成元年辺りも高いだろうと決めつけていたのですが、意外と3000円~とカセットウォークマンよりかはマシな値段だったので購入に踏み切りました。

スペック(分かる範囲)
・AUTO RESUME ・オール再生 ・シャッフル再生 ・リモート端子搭載 ・ACアダプター駆動 ・LINEアウト端子搭載 ・DBB(Dynamic Bass Boost)搭載

スペックとしてはこんな感じで、普通のポータブルCDプレーヤーかなって思いますが、特徴としてはやはり「DBB」でしょうか。
とにかく凄いです。 これでもかというくらい、重低音が増幅されます。「ドラゲナイ」を再生してみましたがクラブミュージックに早変わり。「いかにクリアな音を出すか」「原音に忠実に再現」といったものも良いですが、ユーロビートや小室サウンドなどデジタルサウンドを好む僕的には、こういうCDPと相性が良いのかなと思ったりはしています。反面、バラード系は相性悪いかな?と思ったり。

個人的には、デザインが好みですしドンシャリ大好きなので評価は高めです(><)
写真に入ります

D-22 3
底面

D-22 4

D-22 5

D-22 7
各端子類。DBBはここのスイッチで強さを変えます。

D-22 6
操作部。

D-22 8
中の様子

D-22 9
単3電池4つで動きます

D-22 10

D-22 11
12cmCDジャケットとの比較。参考までに。

category
ポータブルプレーヤー

DENON DCD-215 ~1994年発売~

数年前にドフでジャンクを入手してましたので、今回修理してみました。
DCD-215 1
DENON DCD-215 1994年12月発売 定価:25000円
2年程前だったか、ハードオフのジャンクコーナーで「CDトレーが閉まりきらない」とかで525円であったので入手してました。実際動作確認するとギリギリ閉まりきらずという状態で、手で押すとCLOSE、再生も問題なしでした。
その後中々暇がない、というかビデオカメラに傾倒していってジャンクは中々触らずにいました。
最近はビデオカメラを買う資金もなくなってきたので、そろそろやってみようということでチャレンジした次第。
結果は、ベルトを交換したところ無事直ったので、数少ない修理成功例となりました(苦笑)

ヘッドホンボリュームもない安物ですが、情報を問い合わせて驚いたのがわずか1ヶ月という生産の短さでしょうか。
デザインもDENONっぽくないなあと個人的には思うのですがどうなんでしょうね。
特に使うこともないので、放出予定。
DCD-215 2
フロント、液晶部。
DCD-215 3
操作系。ボタンも少なく、分かりやすいと思います。
DCD-215 4
背面端子。一応OPTICAL出力があります。
DCD-215 5
トレー。8cmCDS対応。

追記で中身と動画にいきます。
category
CDプレーヤー(CDP)

Panasonic RX-DT7&8&9

去年揃えて、写真を撮ったものの記事にしてなかったので・・・
RX-DT7,8,9 ①

RX-DT7,8,9 ②

RX-DT7,8,9 ③

カメラ買い換える前なのであまり鮮明さはありませんが・・・w
DT8は音とびが激しくなったので買い替えを検討中・・・
DT7とDT9は元気にやってくれてます。
後DT5を揃えたら完璧ですね。 ただバブカセタワーがどんどん高層化していっておりますw
category
ラジカセ

SHARP STEREO W CASSETTE RECORDER QT-Y13U ~1988年発売~

これも昨秋オクで落札した物だったかと・・・今回はいつも以上にマイナー・・・?
QT-Y13U 0
SHARP QT-Y13U 1988年8月1日 定価:20,000円(税抜)
情報はSHARPさんにメールで問い合わせてみましたら教えて頂きました。

バブルラジカセの少し前、1983年頃のバブル前の小型なWラジカセが欲しいなあと思ってオクで探していた処、動作品が1000円位で出品されてたのでウォッチしていましたが競争することなく入手できました(笑)
実際は1988年発売と、時期的にはバブル経済真っ盛りなラジカセだったわけですが、機能的には低価格機だからか恐らくバブル前おしゃれなテレコと同等若しくはそれ以下かと思います。(時期で考えたら「バブルラジカセ」ともいえなくもないw)
ただやはり生産地が海外だったりとプラザ合意後の円高時代の到来を感じさせたりします。

音質は思っていたより良かったので満足。元々aiwaのデフレラジカセから入ってるからかもしれませんw
表現するならばややドンシャリ。音質調整(高域)とオートラウドネス(音量UPと同時に低音増強)の影響でバブカセほどじゃなくともやはりドンシャリ気味の音になってしまうようです。CDも搭載していない、Dolbyにも対応していないただのカセットとラジオ、定価2万円となると仕方ないと思います。
QT-Y13U 取って
バブカセと違い重くもなく持ち運びしやすいので、料理や皿洗い等ちょっとした作業の時に大変活躍してくれます。
今回は久しぶりにドライバーを持って、開腹して清掃しました。メーカー若しくは誰かが修理したのかなと思ってましたが汚れ具合からそうではなさそう・・・
動画は2種類UPしました。
QT-Y13U 1
天板。シンプルです。
QT-Y13U 2
天板の左には音質・音量つまみ。
QT-Y13U 4
右側にはバンド切り替えスイッチ。
QT-Y13U 5
側面はヘッドホン端子と電源ケーブルを差し込む所。
QT-Y13U 7
裏面。
QT-Y13U 6
電池室。
QT-Y13U 8
BEAT CANCELなるものがありましたが、どういう効果があるのかは不明・・・
QT-Y13U 9
銘板。消費電力10W。
マレーシア製というのが、当時の円高対策で海外生産が急激に増加したことを感じさせます。当時は1ドルが120~140円程だったんじゃないですかね・・・
QT-Y13U カセット窓
カセット窓。
QT-Y13U アンテナの長さ
ちなみにアンテナはこれくらい伸びますw
かっこつけ
追記で清掃・動画

category
ラジカセ