Entry Navigation

千里浜なぎさドライブウェイ

昨年の秋、石川滞在時の写真と動画です。
SNSを通じ知り合った石川のゲーセン仲間と初めて遊びに行った時に、観光名所として連れてきてくれました。
このドライブウェイ、日本で唯一の車やバイクで波打ち際を走れる海岸ということで、ドラマや映画の撮影にも使われるほどとのこと。
DSC03298.jpg
(目的地前に寄ったサービスエリア)
当日はこの時期の北陸としては珍しく快晴でした。

DSC03299.jpg
なぎさに到着。日本海らしく海はそれなりに荒れてましたが、秋晴れと海風が気持ち良かったです。
DSC03300.jpg
皆さん車を止めて楽しんでいる様子
DSC03301.jpg
海の様子
DSC03302.jpg

DSC03304.jpg

DSC03303.jpg
こんな感じで普通に走れます。30~50km程度で走っても問題ない感じでした。

DSC03305.jpg
砂の様子。砂浜と考えるとかなり固く、足でほじくろうと少しムキに(ry
DSC03306.jpg
海を左手に、快晴をドライブできました。爽快感がたまらなかったです。

滞在当時は慣れない工場勤務、人間関係にストレスマッハだったので、いい解消になった覚えがあります。
いつか自分の車で、そしてお返しも兼ねて隣に友達を乗せて走れたらなと思います。

最後に動画
撮影日:2016年11月13日
撮影機種:SONY Handycam DCR-TRV225K(2000年発売) Digital8

スポンサーサイト
category
石川

鳥栖プレミアム・アウトレット

お盆に初めて佐賀県に行ったので記念に。
8ミリビデオからスクショしました。47都道府県制覇してみたいですね。
生憎の天気。来客数は多く活気がありました。
tosu 1

tosu 2

本当は佐賀市の繁華街を撮影してみたかった。
category
佐賀

お台場ウォーターパーク<ナイトプール> in 2017

前回記事にしたお台場海水浴ですが、友人から誘われてそのままナイトプールに行って来ました。動画は最後に。
ナイトプールは2015年に地元で2回ほど行ったっきり(まだ記事にしていない)
2年ぶりの参戦...ということですが、TOKYOのナイトプールは行ったことないのでワクワク半分、不安半分で行きました。
何やらかなりブームになってきているナイトプールですが、お台場のこれはウォータースライダーも多く面白いらしい。
海水浴から引き続きスマホとビデオカメラを持って突入しました、、、
IMG_7998.jpg
ダイバーシティ側から撮影。広大な敷地にプールが作られています。予想より大きくてびっくり。
IMG_7999.jpg
流石に夏休みが始まった時期もあり、日曜の夕方にも関わらず人が多い。大学生多い感じでした
IMG_8001.jpg
いざ入場。どこを見渡してもアベックばかりで...
IMG_8002.jpg
浮き輪持ってきてなかったので滑りませんでしたが、ロングスライダー。普通に面白そう
IMG_8003.jpg
これは滑りました。ブーメランスライダー。鼻に水が...
IMG_8005.jpg
日も暮れてきて、明るさと反比例するように皆様のテンションは上がっている模様。このプールには...
IMG_8007.jpg
こういう白いボールが。みんな投げあってたんですが、クソみたいなコントロールのボールが僕に当たってキレそうだった
IMG_8008.jpg
歩きながら写真撮ったりしていました
IMG_8009.jpg
ジャンピングスライダー。これは楽しかったので3回滑った覚えがありまs

そんなこんなで19:20くらいになると何やら中心部に人が。全然知らなかったのですが、「DJタイム」なるものがあったそうで。
DJがトレンディな洋楽を流し、みんな踊りながら泳ぎながらワーキャーする感じ。まあいわゆる「パリピ」ってやつ(?)
IMG_8014.jpg
DJブース
IMG_8015.jpg
イルミが華やかです
IMG_8021.jpg
DJタイム開始後。
water park

完全に雰囲気に圧倒されてしまうインキャでした(困惑)ノリノリにキレッキレに踊れないのでリズムに合わせて体を揺らしておきました(
IMG_8023.jpg
でもプールに投げ込まれたイルミネーションキューブは綺麗
IMG_8024.jpg
友達に撮影してもらいました
IMG_8027.jpg
パリピは泡が好きってマジなんだな
IMG_8026.jpg
夕方と違い、ライトアップされたプールは幻想的でした。
IMG_8029.jpg
「明日から仕事や~ん..っら リスカしょ」 そんなアホなことを言いながら会場を後に。
IMG_8030.jpg
夜景が綺麗だったのでパシャリ。
7月に花火・海・プールと東京初めての夏を満喫出来たので良かったです。中学の友達と東京で遊ぶってのは中々不思議なもんですよね(笑)
でも、特にナイトプールは友達多めで行ったほうが楽しそうとは思いました!
最後に動画
撮影機種:SONY Handycam CCD-TR55<video8> 1989年発売
撮影日時:2017年(平成29年)7月30日

category
東京

お台場海水浴体験 in 2017

家から近いので毎月最低1回は行って時間を潰しているお台場。普段は遊泳禁止のこのエリアで、7/29、30の2日間限定で海水浴体験が実施されました。
「せっかくの夏...東京初めての夏......夏らしいことしたいなあ」とボーっとベッドの上でスマホを眺めていたら発見したのです。
悪名高い東京湾で泳ぐという僕の捻くれた好奇心もあって行ってみたいなと思いました。
中学時代の友達(一人だけど...)を誘ってみたところOKしてくれたので、野郎二人で7/30の最終日に行ってきました((
スマホと8ミリビデオで撮影してきたので様子を載せます。
DSC03833.jpg
前日に日焼け止めクリーム、パーカーを購入。
海仕様
ビデオカメラ用のスポーツパックもクローゼットから引っ張り出しました。ビデオカメラはCCD-TR55。パスポートサイズに決めました。
お台場海水浴 1701
お台場海水浴の看板。手作り感が割と良い
簡単に規約に同意後、入場できます。勿論無料です。顔付け禁止のルールに少し戸惑いながらも入場
お台場海水浴1702
海水浴のできる範囲はそんなに広くはないです。そして雨じゃないけどドンヨリとした天気。
お台場海水浴1703
波打ち際の様子。やや黒い。
5cm下くらいまでは見える感じ。ここからいよいよ入水です。※自殺ではないです
お台場海水浴1704
思ってたより冷たかった....
そして、地元宮崎の感覚で沖にスイスイ行こうとしてたんですが、遠浅じゃ無いのですぐ深くなりました
お台場海水浴1705
海の中からレインボーブリッジを眺める
お台場海水浴1706
沖からビーチ方面を撮影。
お台場海水浴1707
タワマンを臨む。この写真の通り、ビーチからはそんなに遠くないんですが、既に胸辺りまで深さはありました。
いい感じにギャーギャー騒いで、水中で涼しくなった13時頃に一度上がってランチにしました。
DF_F_tLVoAAbvlC.jpg
フライドポテト・コーラ・カレーライス。全部で1000円程度。写真は夏らしさを出すために加工しました
"Lunch with Handycam"?
お台場海水浴1709
デッキからレインボーブリッジを眺める
その後再びビーチへ。
お台場海水浴1708
この時気づいたんですが、足の感触がおかしい...?顔付け禁止なので足で砂を掴むとヘドロでした(困惑)高度成長期の負の遺産を実感。
せっかくなので、水中の様子も撮影したいなと思い
お台場海水浴1711
スマホで水面を撮影してみるも反応に困る画像に。
水深10cm前後?
なのでビデオカメラの映像をスクショしました。
沖の方で20~30cm程度沈めた際の様子です。なんか思ってた色と違う
水深1cm
こちらは波打ち際。10cmない位かな。透明度はうーん
水質目安
水質の目安に。ボディボードが白だったのでわかりやすいです。

その後一番沖まで行ってみたりして上がりました。マリンハウスがあるので、そこでシャワーを使うこともできるので便利です。(5分200円)
感想としては
晴れてたらもう少しいい感じだったのかな?とは思います。東京の海を体験出来たのは貴重かな
水質はまだまだ改善の余地がありますが、それでも官民で相当努力されている模様。お魚さんが飛び跳ねてるところもよく見かけます。まあ半世紀前なら入った瞬間蕁麻疹とか出てそうですし...
長い時間はかかりそうですが、綺麗になっていってくれそうです。
高層ビル群を眺めながら泳げるのは本当に良かったです。GTAみたいな感覚になりました((
でも友達は相当水質がきつかったらしく、「もう嫌だ...」と言ってましたね()
来年は他の誰かを誘ってまた実験体験してきたいと思います。

最後に動画
撮影機種:SONY Handycam CCD-TR55<video8> 1989年発売
撮影日時:2017年(平成29年)7月30日

category
東京

(負け組の)隅田川花火大会 in 2017 7.29

先月になりますが、1人で隅田川花火大会に参戦してきました。

思えば、去年のこの時期は長野にいたこともあり、上京してから東京で夏を過ごすというのは初めて。
夏の東京のイベントなんて 知らなかった し、転勤ばかりの身としては知るだけでも 辛い 以外の何者でもなかったのです。
が、今年は職も変わり、都内から出ることもなくなったので、ようやく知ろうという意欲が。
まあたくさんの夏イベが用意されていました。友達がいないときついイベントが多かったですが、花火ならばと。
昨年長野で一人で参戦し、寂しい思いをしましたが、もう耐性もあるはずなので行ってきました隅田川花火大会。

結論から言うと、"大都会の花火大会は予想より1.5倍凄かった"です。

・駅到着から終了まで1時間半のうち、まともに見れたのは15分程度
・会場は「歩いて見る」方式を採用。
・花火の音と警察のホイッスルと、みんなの歓声(悲鳴?)でカオス
・しかも雨

こういう状況でした(汗)場所取りしないと人を見に行くのか花火を見に行くのかわからないことになるんだなと体感しました。
写真は、スマホとデジカメを混じえてのせていきます
動画は最後に貼ります
DSC03810.jpg
浅草駅にて撮影。ここから出るのに10分近くかかる。
DSC03811.jpg
会場に移動中。警察のホイッスル、花火、歓声でパニック状態
DSC03818.jpg
途中ちょいちょい見えるようになってきた(開始40分程)
image1(17-729).jpg

image2(17-729).jpg

吾妻橋にて。1時間以上経ってようやく会場到着。DJポリスさん達の誘導のもと、橋を歩きながら観賞。
DSC03829.jpg
残り時間はビルの隙間から眺めていました。
花火の画像はここまで。
image4(17-729).jpg
そびえ立つスカイツリー。
帰りは押上駅から半蔵門線で渋谷へ。
image3(17-729).jpg
渋谷でセンター街ぶらついたりゲーセン行ったりして帰宅しました。
来年はどうしようかなー
最後に動画。

撮影機種:SONY Handycam CCD-TR45<1990年発売> video8
撮影日時:2017年(平成29年)7月29日

category
東京