Entry Navigation

街の小さなステーキ屋さん

石川に出向中に行ったお店です。

きっかけはヤフーニュースで偶然目についた記事↓以下、一部抜粋
「名物ステーキ店、37年で幕 香林坊「にし川」、来年1月閉店

香林坊で37年にわたって営業を続けてきた名物店「ステーキにし川」が、来年1月15日で閉店する。1千円台で定食を提供し、「気取らないステーキ店」として愛された名店が、静かに幕を下ろす。肉は能登牛などの国産和牛、ライスは県産コシヒカリを使用。ステーキを気軽に食べてほしいとの思いから「お箸で食べるステーキ」のキャッチフレーズを掲げ、昼限定で定食は1千円台とした。

「大好きなステーキが1000円台...しかも閉店間近...」と思い、12月に自転車飛ばして香林坊へ向かった記憶があります。

東急ハンズの後ろ側、それも結構路地裏にあり、見つけるのに多少難儀しましたが無事到着。

店内はオシャレながらこじんまりとしてて落ち着いた雰囲気でした。「ステーキ定食」を注文し暫く鉄板を眺めていました。

開業当時からバブル景気の頃の話、芸能人との思い出など様々なお話をしてくれました。「ヤフーニュースに載ってましたよ」と教えると物凄く驚いてましたね。
にし川 2
お肉を焼く様子
にし川 1
ステーキ定食。
1000円台とは思えないほど本格的な味でした。
にし川 3
この肉汁...!

こうして最初で最後の味を堪能したわけですが、「ローカルのお店がなくなる」寂しさを久しぶりに感じたような気がします。(地元の人間ではないですが)

大手資本で個人商店が衰退する流れは1980年代から進行していること自体は知っていますし、地元宮崎市でも個人商店が繁華街から姿を消す様子も見ていましたが、実際足を運ぶと色々と感じました。

また、ここを訪れた時期は転職用の書類を毎週土曜日に「ジョブカフェ」で添削してもらっていた段階。

「結局どんな仕事がしたいのかな?」 「こんなはずでは...」 「現場きっつw」 「一生工場とか僕には無理だ...」 「かといってパワハラが横行する営業も嫌だ...」 などなど迷い(とゆとり)ながら、やるはずのなかった現場仕事をしていました。

"好きなことを仕事"にしてギリギリまで楽しそうに働いてるお店の人を見て、考えさせれたというか得るものもあったというか...

石川のことを思い出す時には、これからもフっと頭をよぎることと思います。

基本的に舌が安いし、好き嫌いも多いのでファミレス大好きなんです人間ですが、帰省した時くらいはこういうローカルな店いこうかなと(終)
スポンサーサイト
category
石川

日帰り茨城旅行

GWの後半、土曜日は特に予定も入らなかったので(つまり妖怪ボッチ)、一人旅をしてきました。
数日前から「安い・近い・県外」をキーワードにどこに行くかずっと悩んでいましたが、「つくばエクスプレス」という便利な路線があることを思い出し(名前だけ知ってた)「つくば市」に行くことにしました。
最寄り駅から秋葉原を経由して僅か1時間で到着。九州の人間からすると、関東関西の電車の利便性には驚くばかりですね。
秋葉原からつくば市まで最速45分で着くという。
まあやることは「写真・ビデオ・ゲーセン」くらいしかないので全国どこいても代わり映えしません・・・
写真にいきます。最初はつくば駅
DSC03726.jpg

DSC03727.jpg
地下に駅があります。

つくば駅周辺も撮影してきました
DSC03711.jpg

DSC03712.jpg
道路も大きく、運転しやすそう。
DSC03713.jpg
中規模商業施設も併設されており、日常生活で不便を感じることはなさそうです。
DSC03714.jpg

DSC03723.jpg
こちらはオフィスビルが多めでした。
DSC03724.jpg
立派な高層ビルです
DSC03725.jpg
左の高層ビルは「つくばセンタービル」という名称のようです。1983年に完成の模様。

追記にいきます
category
茨城

天王洲アイル散策

先日の休みは、近場なので自転車で天王洲アイルに行きました。
モノレールへの乗り換えで降りたことはありましたが、ちゃんと歩いたことはなかったので、どうせ近いなら、と。
トレンディドラマに出てきそうな、オシャレなエリアだったのでまた行きたいと思います((
DSC03730.jpg
立ち並ぶ高層ビル群。平日夜に訪れれば、夜景も期待できそう。
DSC03729.jpg
運河と屋形船
船のまま入れるバーもあったりでホントオシャレ
DSC03731.jpg
ボードウォークとして、運河沿いは散策できるように整備されていました。
DSC03728.jpg
自転車と共に。
雰囲気もよく、潮風もあり、海が近いことも感じさせてくれる場所です。
難点といえば、電車だと運賃が高めということと、水が汚く臭うことがある・・・くらいでしょうか。

生活費的な部分で安定してきたら、あのオシャレなレストランでトレンディドラマの真似事してきたいなと思います((
category
東京

上田城跡公園

昨年出張中に訪れたんですが、記事化していなかったので。
DSC03071.jpg
まだまだ夏の気配が残る9月の頭に行きました。気温も30度を超えて暑かった覚えがあります(上下長袖でしたけど)
セミの声と涼風が夏を感じさせてくれました。
丁度、NHKの真田丸というドラマでブームだったらしく、人が多かったです。NHK見ないので全くわかりませんが。。。w
動画を撮影してるので、そこで空気を感じていただければ、と思います。
DSC03072.jpg
日本庭園的な
DSC03073.jpg
出店もありました
DSC03074.jpg
上田城
DSC03075.jpg
橋の上から撮影。遠くの山がとても美しい

こういう景色見ると、この曲流れてくるんですよね・・・
DSC03076.jpg
山をズーム
DSC03077.jpg
真田神社。世相を反映して、ポケGOに関する看板がありました。
DSC03078.jpg
今のところお祈りの効力は感じれていません(

最後に動画。
撮影機種:SONY Handycam CCD-TR75(1990年発売) video8

category
長野

大井ふ頭中央海浜公園 夕やけなぎさ

前回はお台場での夕日を記事にしましたが、今回も夕日です。ホント好きです。別にカテゴリ作ろうか((

今回夕日鑑賞・撮影を行ったのは 大井ふ頭中央海浜公園の夕やけなぎさ。 この公園自体は東京モノレールの大井競馬場前駅から徒歩5~10分くらいの距離にあります。かなり大きい公園です。


冬の夕焼けということで、丁度25年前の1~3月期のドラマ「愛という名のもとに」の主題歌「悲しみは雪のように」を聞きながら向かい・・・

公園内に、「夕やけなぎさ」という小さな浜辺があり、そこで夕日を眺めてきました。
DSC03585.jpg
小さな浜辺なのでもうちょっと岩をどけて欲しい気がする・・・
人も殆どいなかったので、完全に自分の世界に入れました。
DSC03584.jpg

DSC03589.jpg
青とオレンジが混ざり合う
DSC03590.jpg
このまま
DSC03592.jpg
時が止まってしまえばいいのになー
DSC03594.jpg
中学生みたいなことを思いながら・・・
DSC03597.jpg
夕やけなぎさ と名付けるだけあっていい眺めです
DSC03598.jpg

DSC03601.jpg
今回は雲に邪魔されることなく見れました 笑
DSC03599.jpg
沈む夕日をバックに、モノレールが走り抜ける様子が見れるのもGoodです

なぎさ周辺を散策。
DSC03600.jpg
浜辺に落書き。疲れているんです(
DSC03602.jpg
水質チェック。泳げないかなこれは。でも怖いもの見たさじゃないけど泳いでみたいですよね()
DSC03603.jpg

DSC03604.jpg
海ではなく運河に面しているみたいです。
DSC03605.jpg
お気に入りの色です。
DSC03607.jpg
勝島橋より撮影。東京タワーが小さく見えます。

大井ふ頭中央海浜公園、気に入りました。人も多くないので人目を気にする必要はあまりなさそうです。(BBQシーズンはわかりませんが)
難点は、最寄り駅がモノレールなので、お値段がやや高め・・・というところ。
また、お台場と違い開発されていないので、ショッピングやアミューズメントはないというところでしょうか。
友達と車でBBQに来る、スポーツをするなどほんとに地方みたいにアクティブするにはうってつけだなと思いました。
夕やけが予想より綺麗だったので、また撮影に行きたいですね。
category
東京