Entry Navigation

TCD-D7の動画を追加

この間記事にしたTCD-D7、LINE入力ができないので困ってたのですが、解体屋くんから、「キャプチャに直接入れ込む方法もある」というアドバイスを頂いたので、今回実行に移しやってみました。
すると、音割れなくちゃんと入力できたのでよかったです。
今回はビデオカメラはスルー用途でしたが、記録しないとやはり劣化しないので綺麗に写りますね。
これからもこれ試していきたいなと思います。
ということでこの間の記事に追加しときました(笑)
http://pk846928.blog.fc2.com/blog-entry-236.html

動画はこれです。
最初何故かモノラルになってますがたぶんキャプチャが安物だからかな・・・
再生:SONY DAT WALKMAN TCD-D7(1993年発売)
録音:SONY DTC-57ES(1991年発売)
曲「Dearly Beloved(358/2 ver.)」
モニター用カメラ:SONY Handycam CCD-TR3000(1995年発売)

スポンサーサイト
category
DATデッキ

SHARP RX-X100 ~1987年発売~

ヤフオクで約2万円で落札しました。
RX-X100 0_s
SHARP RX-X100 1987年発売。定価199,000円。
DAT元年にSHARPより発売されましたフルサイズの初代DATデッキです。
リモコン・説明書ありの動作品として落札しました。珍しい物だということなので、解体屋さんが教えてくれました。ちょうど「DTC-57ES」が死んでるので、2代目DATデッキの購入を考えていましたので入れることにしました。
現在と違いまだそこまで国内メーカーとしての地位が高くなかったSHARP。しかしこのデッキを見るとけっこう力入っていてすごいなあと思います。ちょっと不便といえば不便ですが、ソーラーバッテリーだけで動作するリモコンもSHARPらしさを感じます。音質はDATらしく、CDのようなデジタルな音。高音質です。LONGモード(32kHz)には対応してません。また、44.1kHzは録音不可、再生専用になってます。録音は48kHzだけのようです。
DTC-57ESと違い、モニターとして使うことはできませんが、全体的に高級感もありかっこよく、僕みたいな貧乏人には似合わないようなかっこいいデッキです。
RX-X100 2_s
トレー部。
トレーの開閉は2段階で、最初ゆっくり途中からスピードアップ みたいな感じです。全体的には遅めですが上品な開閉です。
RX-X100 3_s

RX-X100 4_s
操作系。
RX-X100 5_s
端子類。OPTICALのデジタル出力は、ミニプラグだったりとちょっとマニアック?
当然全部金メッキです。

追記いきます
category
DATデッキ

SONY DTC-57ES ~1991年発売~

えーっといつだっけ、これ買ったの?という感じで数週間前にヤフオクで、送料合わせて16000円くらいで購入しました。初めてのDATデッキ。SONY DTC-57ES。
DTC-57ES 0
サイドウッドがついてます。当時価格88000円也。SCMS(シリアルコピーマネージメントシステム)が認められたということで、一気に普及を狙ったのか、高級感、高音質、高機能、そして従来に比べ抑えられた値段と、なかなかな機種ではないかと思います。まあバブル景気というのもあったのかもしれませんが。
とにかくカセットデッキと違って、さすがはプロユースなメディアというのもあって、機能、音質がとにかくすごい。もっといい機種使ったらどうなるんだ、と。僕なんかにはこの機種でももったいないくらいですね。
CDより音質のいい、48kHz、CDと同等の44.1kHz、LONGモードで録音するときは、若干音質下がるけど、それでも高音質の32kHz。まあ僕みたいなgeneral publicにはそんな音が悪くなったとか、あんまわかりませんよ。DATは「録音」より「レコーディング」という言葉が似合いますね。
追記で画像
category
DATデッキ