Entry Navigation

Technics SL-1301 組み立てとか

解体屋さんからいただいたSL-1301の組み立てをのせようと思います。もちろん僕はレコードプレーヤーの組み立てはおろか、調整などぜんぜんわかりませんでしたので、skypeでサポートいただきながらでした。
もともとCDもカセットも詳しくないですが、レコードはそれ以上にわからないので、本当にデリケートだなと感じました。
SL-1301 0
組み立て前。ダストカバーもおいてるだけです。
ターンテーブル
ターンテーブル。
ヒンジ ウェイト
付属品。ヒンジとバランスウェイト。まずはダストカバーにヒンジを取り付けました。
ヒンジ
このような感じで。
ダストカバー取り付け
ここに差し込みます。
の前に、
ターンテーブル取り付け
ターンテーブルを挿入。
ここからが大変でした。説明書を見ながらでしたが、水平バランスの調整、針圧の調整をしました。
バランスウェイト
バランスウェイトをアームの後ろにつけて、
SL-1301 1
アームとテーブルが平行になるように調節して、
バランスウェイト取り付け
メモリを0にあわせます。針圧は、
メモ
解体屋さんが書いてくれたメモによると3gなので、バランスウェイト、アンチスケーティングともに"3"にあわせました。

SL-1301 2
なんとか組み立て終えたので、
動作テスト
サブ機につなげてテストします。最初はもう目も当てられないような感じで。AUX端子につないだり、GND端子につなげなかったり。レコードプレーヤーはめんどくさがってはいけないですね(苦笑)
レコードをのせる
レコードをのせて,
動作確認
再生。レコードは当方ドーナツ盤しか持ってないため、ドーナツ盤用アダプターが必要です。なので、DG3から拝借して使用。
コンポ付属品と違っていい音出してくれます。初めての単品レコードプレーヤーですね。
ハードオフとかでレコード探しますが、なかなか興味のあるというか、知ってるアーティストいないんですよね。。。80年代にはCDが主流でレコードもなかなか見つからないです。。。クラシックでもあればまだいいんですけどねー(´・ω・`)
なおこの組み立て方法はあってるとは思わないので、レコードプレーヤーを組み立てようと思う方はちゃんとしたサイトを参考にしてほしいですね。。。
スポンサーサイト
category
レコードプレーヤー

KENWOOD P-3R レコードプレーヤー

KENWOOD STEREO FULL AUTOMATIC TURNTABLE SYSTEM P-3Rの紹介です。かっこよく書きましたが、要するにオートマチックレコードプレーヤーです。DG3のオプションだから?多分、1987年発売かなと推測しますが。
IMGP0542.jpg
今回は中をあけてちょっと清掃でもしようかと思い、久しぶりに開けて見ました。
IMGP0543.jpg
これがターンテーブル。
IMGP0544.jpg
いやいや。。。ホコリ、入らないように気を使っていたんですが、こんなにたまってるとは思わずびっくりしました。てことで掃除しましたが、ここで「ん?ベルト外れてる。。。」と。
IMGP0545.jpg
「どうしよう・・・付け方わからんぞ。。(汗)」てことで戦い始めて30分。「あ!説明書があったんや!」と気づき(遅ェ)無事つけれました。一応書いときます。
IMGP0546.jpg
こうやって、ターンテーブルの裏にベルトを巻いて・・・
IMGP0548.jpg
「モータープーリー」(暗くて見にくいですが、奥にある白く丸っこい棒みたいなもの)に通して、ターンテーブルをかぶせればOKです。お持ちのレコードプレーヤーによって、若干仕様は変わると思いますが、基本的にレコードプレーヤーはこういう感じみたいです。あとは音楽を聴くだけ。。。
追記にいきます
category
レコードプレーヤー