Entry Navigation

PIONEER S-9500 ~1983年発売~

ハードオフにて9月に31500円で入手しました。
S-9500 0
PIONEER S-9500 1983年発売 定価108000円(1本)3Way バスレフ方式ブックシェルフ型スピーカー
アッテネーターもついてて、高域と中域を調整できます。
バイト辞める直前でしたっけ。ハードオフで「1985年発売」という文字のスピーカーを発見、写真だけ撮って解体屋様に相談してみました。
評価もいいらしく、重低音も良いらしいので奮発して買いました。
1985年発売なのは"DV"。しかしまあモデルチェンジ直前の1983~1985年まで作られていたので一応僕の好きな頃(1985年)が含まれているので個人的コンセプトにもマッチかなと。デザインはバブル前の勢いを感じるデザインですよね。(個人的にバブル期の製品よりちょっと前の1983~1985年頃の方が派手派手だと思う)
と買ったはいいんですが、とにかく重い。重さ33.5Kg。それまで使っていたDS-77Zが29Kgで、わずか4kgの違いですがスピーカーが大きいのもあって持てませんでした。
なので僕より力持ちの弟と2人で持って家に運び込みました。

音質は、壊れた腐ったuseless earsなのでアテになりませんが、一応感想書きます。
低音は、バスレフ方式、EBD方式を採用しているので、やはり期待を裏切らない心地よい低音でした。
低音はまあ強いだろうと予想はしていましたが、驚いたのはボーカルの近さです。
ちょっと試しにセリーヌディオンを聞いたら、「!?!?!?」
なんというか、とても近かったです。 ボーカルとかの再現は、「DS-77Z」のほうが上だろうと、勝手に決め付けてましたが、かなりの予想外。
後は音響感といいますか、DG3のサラウンドモードのような不自然さはないですが、どことなく響く音響感が新鮮でした。
やはり10万超スピーカーはこの腐った耳にも感動を与えてくれるみたいです。耳がいい人が聞いたら清濁含めてしっかりとした感想を書いてくれそうですが僕に持たれたことがこのスピーカー最大の不幸ですよね。
S-9500 4
ベリリウムリボン型トゥイーター というものらしいです。
独特な形状してますね。中々いいです。
S-9500 5
ミッドレンジ。
もうこれだけで小型SPのウーファー並にありますね。7.6cmだそうです。
音響感、すばらCです。
S-9500 6
ポート
S-9500 7
EBD方式(Electronic Bass Drive)というPIONEER独自の方式を採用した32cm(!)コーン型ウーファー。
ドシンときますよドシンと。
S-9500 8
"EBD ELECTRONIC BASS DRIVE SYSTEM"
S-9500 9
アッテネーター
ミッドレンジ最大にしても曇る感じしなくて逆に心地よいんですよね、、、
S-9500 10
スピーカー端子

追記で少しだけ写真
スポンサーサイト
category
スピーカー(SP)

DIATONE DS-77Z ~1989年発売~

バイト休みなのでジャンク触りつつネットしつつTV見つつ・・・とかやってましたが、最近リモコンやケーブル探しにドフに行った時見かけた物が忘れられず・・・解体屋くんに相談したところ「迷うなら今すぐ買うか買わないか」僕「うーん・・・」解体屋くん「買えよもうwww」てことで決心。すぐ銀行行ってお金おろして買いました。そうだ・・・僕たち?のモットーは「買わずに後悔するなら買って後悔しろ!」だったな(何お前までパクってるんd)というわけで写真
DS-77Z 4
ド━(゚∀゚)━ン!
DIATONE DS-77Z 1989年発売。定価1本60000円也。重量1本29.0kg
初めての大型3Wayスピーカーです。当時合計120000円・・・
ハードオフにて21000円で購入。まさに感動です。デッキとかは揃ったものの大きいスピーカーはなかなか見当たらず。大阪旅行終わったらこれ買おうと去年から思ってたんですが、先月突如いなくなり・・・売れてしまったのかと(´・ω・`)ってなってたんですが、2日前にまたでてるのを発見。ただのお店の模様替えのために一時的にひっこんでただけみたいです。
DS-77Z 1
"DIATONE DS-77Z Ti-Boron A.D.M.C. LOW LEAKAGE MAGNETIC FLUX SPEAKER SYSTEM"
A.D.M.C.は「Advanced Magnet Circuit」の略だそうです。何やら当時新開発そうな。
DS-77シリーズは古い順にEX,EXV,HR,HRX,Z となっており、どうやらこのDS-77Zは77シリーズFINAL?のようにも思いますがどうなんでしょうね。。。
そしてこのSPが欲しかった理由のもう一つが・・・
DK-11 1
DIATONE SPEAKER STAND DK-11 
DIATONEの純正スタンド付きだったからなのです。おかげで和室で畳、カーペットという音質改悪システムも少しはマシになりそうです。
DK-11 2

DS-77Z 2
やっぱ大きいと風格あっていいですね。スタンドつけて音がますます広がるように感じました。
追記にいきます

category
スピーカー(SP)

SANYO DC-N7 PRESENCE7

「3WAYの大きいバブルスピーカー欲しい!」と思って、そして通帳チェックしたら派遣のぶんの給料入ってたので、ハードオフに行き・・・買ったのがこれ↓
SANYO DC-N7 1
SANYO DC-N7 PRESENCE7。最大W数160W、オーム数6Ω。体重計で測ったところ、重さは12.5kgくらい。
ツインドライブウーファーのようです。SANYOのスピーカー自体少ない&ネット上の情報もほぼないという・・・見た目&音質的に1980年代後半~1990年代前半までのスピーカーと思います。
音質は、ドンシャリっぽい感じ。低音はすごいでてました。そして高音もよかったですし、サラウンド感もありました。ライトスピーカーは。(ェ
音だし確認してたら、どうにも違和感あったので、右、左、注意して聞いてると・・・
左のスピーカーのツイーターから音出てない!((((;゚Д゚))))
どうりで音のシャリ感ないんだ・・・返品するか迷ったのですが、これ5000円で買ったので、やはり返品することにしました。ということで幻のスピーカーです(笑)
追記で画像UP
category
スピーカー(SP)

PIONEER S-N901 ~1998年発売~

Nolisさんから購入したアンプとスピーカー、まずはスピーカーから紹介しようと思います。
S-N901 5_s
pioneer S-N901 1998年発売 定価48000円(ペア)
PIONEER "FILL"シリーズのスピーカーです。単品販売もされていた模様。
音質は、このサイズではかなりのハイパフォーマンスだと思います。レンジ広い広い。高音から低音まで幅広く表現してくれます。低音もDG3のSPより普通にでます。
しかし1998年といえば金融危機不況まっただ中。はたして売れたのかは不明・・・
S-N901 3_s
背面。高級感溢れてます。
S-N901 1_s
端子部。金色なのが(・∀・)イイネ!!

S-N901 4_s

S-N901 7_s
サランネットロゴ。
S-N901 6_s
"PIONEER WIDE RANGE 3-WAY SPEAKER SYSTEM"確かにワイドです(笑)

S-N901 2_s
サランネット装着状態。ウーファーやわらかいので、保護の観点からもかけておくといいかも・・・?
SP比較_s
DG3のスピーカーとの比較。縦の長さは短いですが、奥行きはDG3のよりありますよ。これがあれだけの音を表現する秘密なのか。。。?
中古相場でも結構なお値段で取引されてるみたいですが、音を聞けばうなずけますね。お金に余裕のある方は1度買ってみるのもいいかも・・・?サイズもそこまで大きくなく、それでいて音の幅は大きいので非常にオススメですよ。最後に・・・カタログ的な構図で。
S-N901 8_s
Nolisさんにはこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました(__)
category
スピーカー(SP)

KENWOOD CM-5 ~1987年~

小型スピーカーの紹介です。DG3のサラウンドスピーカーとして使うこともできます
KENWOOD CM-5 1_s
KENWOOD CM-5 1987年発売 定価14000円(ペア)
オブジェとして、また、ほかのアンプとつなげて使ってたりしましたが、現在はサラウンド用SPとしてちゃんと使ってます。音質は、まあ中低音もでますが、やはりサラウンド用としてが一番・・・?
KENWOOD CM-5 4_s
イカスKENWOODのロゴ。壁掛け用の穴もちゃんとあります。
KENWOOD CM-5 3_s
こういう感じでつなげてます。
DG3のサラウンドSPとして使う方がもしいれば。これ、DG3のアンプ側はRCA、でSPは先バラですので。
普通のケーブルではつなげられないので注意(?)です。
category
スピーカー(SP)