Entry Navigation

日帰り中部旅行~三重県~

5/13は、ブロ友の「ハードオフといっしょ」さんとその友人と日帰りで中部の方へ旅行してきました。
早朝から夜遅くかけてレンタカーで(僕は後ろで寝てただけだけど)ババっと巡ってきました。
カテゴリの都合上2回にわけます(

出発は早朝5時辺りの予定でしたが、僕が寝坊したので6時頃になりました。ごめんなさい(前日寝たの2時だったんです...)
最初の目的地は、三重県の「お伊勢さん菓子博2017」
okasihaku-2017.jpg
<スマホより撮影>
生憎の空模様。いつも通り雨男を発揮です。
90年代を思い出すとしょっちゅうやってた「地方博」、1999年の「グリーン博みやざき`99」以来の参加に実は喜んでました()
お菓子博 1
<8ミリビデオよりスクショ>
しかし、あまりの悪天候、いっしょさん達の目的のものが得られなかった、予定が詰まっている等の理由で足早に退散。
菓子博会場から出ているバスで伊勢神宮に向かいました。
DSC00028.jpg
宇治橋前。
年末年始以外神社に行くことが殆どない僕には不思議な感じ...(
DSC00029.jpg
五十鈴川。割と雨が強く降ってた為に、増水して濁っています。ネットで検索してみましたが、晴れていたら水位も低く、透明度の高い川みたいで、見れなくて残念。
DSC00030.jpg
神社到着。ここから先は撮影禁止だったのでここまで。
お願いごとは「エスプリが欲しいです」
サンタクロースに頼むようにおねだりしていました。挙句、社務所では「金運アップするお守りください」と欲望全開。睡眠不足は恐ろしいですね、ここまで退化させる...
DSC00032.jpg
赤福にて。
あんこを食べる機会...というか和菓子自体殆ど食べない(アイス、ケーキ、ポテチ、板チョコ...etc.がメイン)ので新鮮でした。
想像以上に美味しかったので、自分用に2個入りをお持ち帰り。
DSC00031.jpg
赤福にて撮影。るろうに剣心に出てきそうな雰囲気だったので撮影。

この後は再び菓子博会場に戻りました。
車で途中鈴鹿で休憩(僕は音ゲー)をしつつ名古屋市内に向かいました。動画は次の記事で最後に載っけます。




スポンサーサイト
category
三重

SONY Handycam PRO CCD-V90 ~1987年発売~

日記ブログみたいになってきてるので久しぶりに機器類の記事投下...
3年前にジャンクをオクで購入。2017年現在で30周年になります。当初は直してもらう予定なかったのですが...!
DSC03741.jpg
SONY Handycam PRO CCD-V90 1987年6月発売 定価:245,000円 

2014年頃、ブロ友のソルティ君に色々ジャンクを修理してもらっていまして。部品取りの予定だったこの機種、「分解して組み直したら電源入ったけどどうする?」とのことだったので急遽修理を依頼。
基本的な動作は問題なかったのですが、映像が白く曇る症状のみ残りました。どうやらフィルターが問題らしく、ダメ元で別のブロ友さんのPASTさんに依頼したところ了承を得、無事直して頂き現在に至ります。ジャンカー二人の技術力に脱帽です
PASTさんが作成した記事はこちらになります↓
https://blogs.yahoo.co.jp/close10open13/11251647.html?__ysp=Y2NkLXY5MA%3D%3D
手元に来てからは、宮崎駅の自動改札化や宮崎空港、宮崎市内のイルミネーション撮影など色々なイベントに使っています。
DSC03737.jpg
~主な特徴(説明書/パンフレットより抜粋)~
<カメラ部>
・総画素数42万画素/高密度CCD(PRECISION CCD) ・可変速デジタルシャッター(5段階) ・6倍ズーム(電動/手動)  ・ホワイトフェーダー機能  ・マクロ(接写)機能  ・レックレビュー機能  ・電子ビューファインダー  
<ビデオデッキ部>
・インサート機能  ・特殊再生機能...静止画/コマ送り再生/スロー再生  ・ゼロメモリー機能  ・EDITスイッチ(編集時の画質劣化低減)
<その他>
・オートロック機能...TCLオートフォーカス/オートホワイトバランス/オートアイリス(カメラまかせで撮影可能) ・リニアテープカウンター  ・本体重量1.1kg  ・J(ジャスト)フィットグリップ  ・新開発バッテリーシステム採用

"Handycam PRO" と銘打っているだけあり、パンフレット/説明書ともに記載内容が多かったです。
いくつか詳細と自分でわかったデータを書いていくと...

・PRECISION CCD..."高画質/高感度/低消費電力"。従来(1987年当時)の27万画素を超える新開発のCCD。このCCD、パスポートサイズで搭載されるのは1990年発売の「CCD-TR75」以降になります。(1989年「CCD-TR55」/1990年「CCD-TR45」は従来のCCD)

・特殊再生...ビデオデッキに搭載されていた「ダブルアジマスヘッド」というものをカメラに採用することでノイズレスで再生することができたようです。金かけてますね・・・

・ジャストフィットグリップ...パンフレット一部抜粋→「人間工学に基いて、コンピュータにより3次元処理を施し設計したグリップ形状ですべての方の手にフィットするよう考慮しました....手首から肘に向かって重さが伝わるよう内部回路までも考慮設定して重心を位置づけています...」かなり理系な説明ですが、コンピュータでグリップ形状してフィット感を強めたようです。

・新開発バッテリーシステム...現在も互換バッテリーが他社さんから作られていますが、「NP-55」バッテリーを採用した最初のビデオカメラっぽいです。これ以前は「NP-22」を使っており、現在は互換バッテリーもないので僕みたいなコレクターの障壁となっています(笑)

説明は以上になります。感想としては、1987年というと既にかなりテクノロジー化されたイメージですので、予想通りかなりハイテクなビデオカメラです。そして何よりデザインがいいです。オーディオも車もこの頃のが一番好みですが、ビデオカメラのデザインもハズレが少ないですね...!
2017年で発売30周年となるこの機種。1987年からもう30年なのかまだ30年なのか。日本で例えるとゆとりファースト世代となるこのカメラ、僕より年上にはなりますがこれからも長く使っていきたいです((

追記で写真いきます
category
ビデオカメラ

国会議事堂周辺散策

先月になりますが、上京後初めて国会議事堂周辺を訪れることが出来たので記事化します。
天気は曇り。引越しの片付けも終わった直後くらいでしたね。。。
議事堂前というとひm・・・熱心な方々がよくプラカードあげてるイメージありますが、訪問した際はとても静かでした。
DSC03680.jpg
ただならぬ風格
DSC03681.jpg
国会議事堂前の道路は都内とは思えないほど広いです。
DSC03682.jpg
横断歩道から撮影したもの。テレビの中でしか見たことのなかった建物を間近で見る不思議。
オドオドしながら警備員さんに「国会の外観撮影していいですか?」ときいたら意外と普通に「どうぞ~」と言ってくれた。(いつもご苦労様でs)
DSC03683.jpg
そういえば今年で憲法施行70年でしたね。まだ70年なのか...
ガッタガタな海外経済を横目に(比較的)好況を続ける日本。かと思えば某国から毎週毎週ミサイルで脅されたりと中々カオスな状況の70周年です。

ついでにビデオも撮影してきたので貼っておきます。
撮影機種:SONY Handycam CCD-TR45(1990年発売) video8
撮影日時:2017年(平成29年)4月26日

category
東京

街の小さなステーキ屋さん

石川に出向中に行ったお店です。

きっかけはヤフーニュースで偶然目についた記事↓以下、一部抜粋
「名物ステーキ店、37年で幕 香林坊「にし川」、来年1月閉店

香林坊で37年にわたって営業を続けてきた名物店「ステーキにし川」が、来年1月15日で閉店する。1千円台で定食を提供し、「気取らないステーキ店」として愛された名店が、静かに幕を下ろす。肉は能登牛などの国産和牛、ライスは県産コシヒカリを使用。ステーキを気軽に食べてほしいとの思いから「お箸で食べるステーキ」のキャッチフレーズを掲げ、昼限定で定食は1千円台とした。

「大好きなステーキが1000円台...しかも閉店間近...」と思い、12月に自転車飛ばして香林坊へ向かった記憶があります。

東急ハンズの後ろ側、それも結構路地裏にあり、見つけるのに多少難儀しましたが無事到着。

店内はオシャレながらこじんまりとしてて落ち着いた雰囲気でした。「ステーキ定食」を注文し暫く鉄板を眺めていました。

開業当時からバブル景気の頃の話、芸能人との思い出など様々なお話をしてくれました。「ヤフーニュースに載ってましたよ」と教えると物凄く驚いてましたね。
にし川 2
お肉を焼く様子
にし川 1
ステーキ定食。
1000円台とは思えないほど本格的な味でした。
にし川 3
この肉汁...!

こうして最初で最後の味を堪能したわけですが、「ローカルのお店がなくなる」寂しさを久しぶりに感じたような気がします。(地元の人間ではないですが)

大手資本で個人商店が衰退する流れは1980年代から進行していること自体は知っていますし、地元宮崎市でも個人商店が繁華街から姿を消す様子も見ていましたが、実際足を運ぶと色々と感じました。

また、ここを訪れた時期は転職用の書類を毎週土曜日に「ジョブカフェ」で添削してもらっていた段階。

「結局どんな仕事がしたいのかな?」 「こんなはずでは...」 「現場きっつw」 「一生工場とか僕には無理だ...」 「かといってパワハラが横行する営業も嫌だ...」 などなど迷い(とゆとり)ながら、やるはずのなかった現場仕事をしていました。

"好きなことを仕事"にしてギリギリまで楽しそうに働いてるお店の人を見て、考えさせれたというか得るものもあったというか...

石川のことを思い出す時には、これからもフっと頭をよぎることと思います。

基本的に舌が安いし、好き嫌いも多いのでファミレス大好きなんです人間ですが、帰省した時くらいはこういうローカルな店いこうかなと(終)
category
石川

日帰り茨城旅行

GWの後半、土曜日は特に予定も入らなかったので(つまり妖怪ボッチ)、一人旅をしてきました。
数日前から「安い・近い・県外」をキーワードにどこに行くかずっと悩んでいましたが、「つくばエクスプレス」という便利な路線があることを思い出し(名前だけ知ってた)「つくば市」に行くことにしました。
最寄り駅から秋葉原を経由して僅か1時間で到着。九州の人間からすると、関東関西の電車の利便性には驚くばかりですね。
秋葉原からつくば市まで最速45分で着くという。
まあやることは「写真・ビデオ・ゲーセン」くらいしかないので全国どこいても代わり映えしません・・・
写真にいきます。最初はつくば駅
DSC03726.jpg

DSC03727.jpg
地下に駅があります。

つくば駅周辺も撮影してきました
DSC03711.jpg

DSC03712.jpg
道路も大きく、運転しやすそう。
DSC03713.jpg
中規模商業施設も併設されており、日常生活で不便を感じることはなさそうです。
DSC03714.jpg

DSC03723.jpg
こちらはオフィスビルが多めでした。
DSC03724.jpg
立派な高層ビルです
DSC03725.jpg
左の高層ビルは「つくばセンタービル」という名称のようです。1983年に完成の模様。

追記にいきます
category
茨城